チャングムの誓いキャスト5

クミョン役のホン・リナは、1968年2月7日生まれ。

1990年KBS特別採用で、1987年にデビューしました。

「総合病院」(1994年)、「息子の女」(1994年)など数多くのドラマに出演。

ややゆっくり目のしゃべり方と清純可憐なイメージで人気となり、MBC演技大賞特別賞やKBS演技大賞新人賞を受賞しました。

2003年には初のコメディー・ドラマ「まっすぐに生きろ」に挑戦。

これまでは、おとなしい役が多かったがイメージチェンジに成功しました。

ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い(原題:大長今)」では、主役チャングムのライバルとなり、徐々に野心家の面を表していくという複雑な役を演じて好評を得たそうです。

チャングムの誓いキャスト4

チュンジョン(中宗)役のイム・ホは、1970年1月27日生まれ。

品のあるソフトなイメージで人気。

父は時代劇作家イム・チュン。

1980年から20年以上続いた長寿人気ドラマ「田園日記」のクムドン役などに出演した後、1999年に大人気となった歴史大作「ホ・ジュン」の士官役で本格的に注目を浴びました。

映画「ゴースト・タクシー」(2000年)では友人を霊界に売ってしまう人物を演じ、今までのイメージを覆しました。
日本でも大ヒットした「猟奇的な彼女」(2001年)では、ヒロインのお見合い相手を演じています。

映画出演最新作「ドンテルパパ」(2004年)では、なんとニューハーフのショーガール(ボーイ?)を演じ、今までとはまったく違うイメージの役柄で話題を呼んだそうです。

チャングムの誓いキャスト3

ミン・ジョンホ役のチ・ジニは、1973年6月24日生まれ。

広告カメラマンから俳優へ転身という一風変わった経歴の持ち主。

デビューは25歳を過ぎてからと遅めでしたが、優しげな瞳とともに落ち着いた大人の魅力で人々の前に登場しました。

デビュー後まもなく、ドラマ「ジュリエットの男」(2000年)で準主役に抜擢され、スターへの階段を一気に駆け上がりました。

2002年には日韓共同制作ドラマ「ソナギ〜雨上がりの殺意〜」で米倉涼子の相手役を務め、日本でもファンが急増しました。

映画デビューはサイコ・スリラー「H」(2002年)。

6人の監督によるオムニバス映画「六つの視線」の出演しています。

韓国国外でも大人気で、上海でドラマを撮影も行っています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。