華麗なる遺産カテゴリの記事一覧

流行の発信源

この「華麗なる遺産」は韓国で火が付き、その後日本だけでなく、世界81各国の放映が決まっています。

これだけの大ヒットドラマになると、主人公が着ているファッションにも注目が浴びました。

韓国の若者の間には、ソヌ・ファンのマフラースタイルや、コ・ウンソンと同じ髪型があふれたものです。

また、ドラマにより、スキニージーンズが大流行しました。

このような社会現象まで起こした主人公の二人には、私生活にも大きな変化があったようです。

街を歩いていると声をかけられることも増えて、レストランではおもいがけないサービスもあったそうです。

なにより嬉しかったのは、ドラマといえども、視聴者が主人公の気持ちになりいっしょに泣いたり、喜んだりしてくれて、共感を得ることが出来た事だそうです。

主人公の二人

「華麗なる遺産」が、韓国で大ヒットしたことを受けて、日本でもフジテレビで放映されまいした。

日本での放送を記念して、ハン・ヒョジュとイ・スンギが日本で記者会見に応じました。

二人とも、日本語でのあいさつを立派にこなし、親日家であると同時にとても勉強家であることも感じました。

インタビューの中で二人は、この「華麗なる遺産」の脚本をもらった時の最初の印象を聞かれて、ハン・ヒョジュは喜怒哀楽がはっきりと表情に出るウンソンの役を演じることで、これからの自分自身の俳優活動にも大きな飛躍が出来ると感じたそうです。

また、イ・スンギは自分とは全く正反対のわがままな性格を演じることになり、最初は視聴者の人に受け入れられるかどうか不安に思ったそうです。

また二人とも、ドラマの収録が進むにつれ、スタッフとも打ち解け合い、それが高視聴率にもつながりとても喜んだそうです。

スタート(ネタバレ)

ソヌ・ファンは、アメリカでトラブルを起こしてしまい食品会社の創業者である祖母から帰るように強制的に言われてしまいます。

暗く落ち込むソヌ・ファンは、帰国の飛行機の中で、自分が持っていたカバンとコ・ウンソンのカバンを間違えて、持って帰ってしまいました。

一方、お金目当てにウンソンを狙っていたイ・ヒョンジンは、ジュンセの車を借りて、いそいそとニューヨーク帰りのウンソンを空港まで迎えに行きます。

ここからそれぞれのドラマが展開していきます。

この「華麗なる遺産」の第1回視聴率は16.9%と平凡な数字で始まりました。

しかし、その後、着々とファン層を広げていき、ドラマの中盤では常に30%台を続けて、ラスト5話の終盤では驚異の40%台をたたき出しました。

まさに韓国ドラマ一の代表作となりました。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。