ワンダフルライフ:あらすじ12

あらすじの続きです。


時はたって、再び機上の人となったスンワン。

しかも副操縦士はあのバカ友達のチャンミョン!!

しかもシンガポールへ。

一方、セジンは外交官となって、流暢な英語でドイツ人と交渉中。

以上、シンビの夢でした。

シンビは骨髄移植が成功したようで、元気に家族3人でシンガポールに向かっています。

思い出の地、セジンとスンワンの出会いの場所へ。
タグ:あらすじ

ワンダフルライフ:あらすじ11

あらすじの続きです。


治療の甲斐があって一時退院できるようにまでなった。

久々に親子3人遊園地で楽しく過ごすが、容態が急変して倒れてしまう。

一命は取り留めるが、すぐに骨髄移植が必要となるがドナーが見つかっても断られてしまう。

シンビは助かるのか・・・

でも運命は二人を見放さなかった!シンビへの骨髄提供者が現れたのだ。

しかし、その時すでにシンビの容態急変・・・死の淵をさまようシンビに必至で呼びかけるセジン。
タグ:あらすじ

ワンダフルライフ:あらすじ10

あらすじの続きです。


そんな中、シンビが倒れ病院に運ばれる。

シンビは「白血病」だった。

ショックを受けるセジンだったが、シンビに気づかれないように元気にふるまう。

浮気を疑うスンワンンの母もセジンを励ます。

抗がん剤治療を受けるシンビを見守るしかない、セジンとスンワン。

二人の絆は深まりつつあった。

しかし、シンビは悪化していった。

シンビが助かるには骨髄移植の道しかなかった。

看病に必死になるセジンは倒れてしまう。

「神様シンビを天国に連れて行かないで」シンビの言葉にこころうたれ、彼女の痛みを和らげるように元気付ける。
タグ:あらすじ


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。