ルル姫・第1話ネタバレ

韓国ドラマ「ルル姫」はその名の通り現代のお姫様が主人公。

そのため主演のキム・ジョンウンは華麗なファッションで視聴者を楽しませ、ソウルウォーカーヒルホテルで収録されたパーティーのシーンで使用されたアクセサリーは、1億3000万ウォン相当のダイヤのイヤリング、同じくダイヤがあしらわれた時計は韓国内での価格が決まっていない新製品で、1億5000万ウォンは超えると推定されています。

お姫様の恋の行方とともに、その華麗な衣装からも目が離せない話題のドラマ「ルル姫」の第1話のネタバレです。

大手財閥KSグループ会長の孫娘のヒス(キム・ジョンウン)はお嬢様育ちで世間知らず。

13歳の時に飛行事故で母親を亡くし、父親は家を出てしまったため、厳しい祖父の教育や、継母、義兄のいじめに耐えながら生活している。

共に暮らす2歳年下のチャノ(キム・フンス)は、11歳の時ヒスの母親と同じ事故で両親を亡くした。

KSグループの大株主だった両親から株を相続しヒスの家に引き取られ、ヒスとチャノは本当の姉と弟のように育ってきた。

一方、英国帰りのウジン(チョン・ジュノ)はプレイボーイで、複数の女性に手を出しては、また別の女性に…という事を繰り返している。

ある日、親友ジェギョンの結婚式に出席したヒスは、彼女からとんでもない事を頼まれる。

政略結婚から逃げ出し、英国にいる思いを寄せているジミーという男性の元へ行くので花嫁の身代わりになって欲しいというものだったのだが・・・

ルル姫・キャラクター

ドラマ「ルル姫」は、キム・ジョンウンとチョン・ジュノが主演で、「パリの恋人」の完結編としてが作ったとSBSが言うとおり、なんとなくストーリーも似ています。
今回は、キャラクターのみなさんのご紹介です。

コ・ヒス役(キム・ジョンウン)
21世紀版のお姫様。
韓国トップ企業グローバルグループKSの会長の孫娘。
愛情深く優しい性格で、幼い頃から財閥の娘として世間離れした英才教育を受けてきた。13歳の時に実母を飛行機事故で亡くして以来、厳しい祖父、現実逃避した父、うるさい継母、計算高い義理兄など、家庭の問題に直面しながら縛られた生活を送っている。自由に恋愛することに憧れる女性。

カン・ウジン役(チョン・ジュノ)
財界順位35位の建設会社の一人息子で経済的な豊かさを享受しながら生きて来た。
イケメンで高貴なたしなみを兼ね揃えた王子様のようだが、自由奔放で狙った女性は必ず落とす相当なプレイボーイ。
イギリスからの帰国後、ヒスと運命的な出会いをして後、ウジンの恋愛観が変わっていく・・・
後にゲーム会社を起業する。

キム・チャノ役(キム・フンス)
ヒスの幼なじみで弟的存在。
礼儀正しく堅くて、明るくて快漢な笑いが魅力的な好青年。
11歳の時、ヒスの母と同じ事故で両親を亡くしKSグループの株の相当数を相続。両親の事故以来、コ家で育つ。
ヒスと同じ痛みを分かり合う良き理解者。
ヒスはチャンホを弟と思っていたが、チャンホにとってヒスは母親であると同時に、妹であり女だった。
変声期が来てあごひげが伸びチャンホはヒスを「お姉さん」と呼ばなくなった。
彼女のすべてが良く、彼女のすべてのことを愛した。
今後も彼女さえいれば十分だった。

ルル姫・あらすじ

ロマンチック・ラブストーリー、大人のための童話「ルル姫」。

韓国で「お姫様病」という社会現象が流行したことを注目して作られた物語。

「ルル」とは高貴で美しくセレブであることを意味し、このドラマでは韓国一の財閥の令嬢を主人公に、本当のお姫様の恋をコミカルに演出されています。

さて、あらすじですが・・・

ヒス(キム・ジョンウン)は、幼い頃から財閥家の娘としての素養を積みながら安全な城の内で育ってきた韓国最高のグローバルグループKSグループ会長の孫娘。

実の母親は飛行機事故で亡くなり、本当の愛には触れることはできませんでした。

一方、建設会社の一人息子ウジン(チョン・ジュノ)は自分が選らんだ女性には最高のデートをプレゼントしたいというプレイボーイだが、純粋な愛を忘れてしまっていました。

ヒスの日常は華麗な姿でパーティーや様々な集まりに参加すること。

そして、いつかはいいなずけと結婚しなければなりません。

しかし、いつもロマンチックな愛を夢見ているヒス。

ある日、親友のジェギョンの結婚式に参加した彼女は、政略結婚は嫌だと嘆くジェギョンを式場から逃げ出すのを手助けしてあげます。

そして、数日後、ヒスはジェギョンと一緒に彼女が本当に愛している男に会いに行きます。

その男の名前はカン・ウジン。

しかし、ジェギョンをストーカー扱いする彼。

傷ついたジェギョンを見たヒスはウジンに復讐することを決意します。

投資資金の件で女に会っていたウジンの前に現れたヒス。

ヒスはその場で「ウジンは私の恋人です」と言い出し、投資の件は水の泡になってしまいます。

彼女の態度に呆れ返ったウジンは「この件を体で賠償しろ」とヒスを脅します。

そんな2人が出会い恋に落ちるのだが、KSグループの大株主であり11歳の時、両親が死んでからヒスと本当の兄弟のように育ったフンス(キム・チャンホ)は、ヒスに異性としての感情を寄せるが実の兄のように思っていたウジンが障害物であることを知り愛のために友情を捨ててウジンの家を没落させようと計画します。

果たして、3人の愛はどんな結末を迎えるのでしょうか?


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。