めっちゃ好き・ネタバレ7

とうとう、ハンスクと運命的な出会いをしたボンスンは大統領に会うためハンスクと共に官邸に行く。

訳を知らないハンスクは慌てるばかり・・・

一方、ボンスンは自分の父について記憶もしていないハンスクが哀れに思われる。

ジスの母はジュヌォンにジスを連れて行きたいと言う。

ジスを諦めたくないジュヌォンは苦しむが、ジスの母の断固とした態度にジュヌォンもしだいに揺れ始める。

ジスとボンスンの間で迷っていたジュヌォンは、偶然出会ったボンスンを人気のない川辺へ無理やり連れて行く。

ジュヌォンは自分を慰めようとするボンスンが女に感じられ結局口づけをする。

ボンスンとのキスに自分でも驚いたジュヌォンは、車の外に出て自分を咎める。

ボンスンはジュヌォンの後ろ姿が悲しく感じられた。

ボンスンを送ってきたジュヌォンは自分を睨みつけるボンギに抱かれるように倒れる。

病院に入院したジュヌォンが可哀想になった、なにもかもやる気をなくすボンスンはボンギの節介で仕方なく出勤する。

ボンギはジュヌォンにボンスンを傷つけるなと警告する。

ジュヌォンの病室に来たジスは、ジュヌォンの側に横になって歌ってくれとせがむ。ジスを見つめるジュヌォンは歌いながら涙を流す。

ボンスンはカンサンの配慮で官邸のコックになる。

ボンスンを不満に思う官邸の他のコックたちと不和が続く中、ボンスンの失敗は続く。

偶然、官邸に立ち寄ったボンスンは令夫人とジスの母が一緒にいる場面を見かける。

ジスの母がジスを連れて帰るつもりだと言うのを聞いたボンスンは心が乱れる。

自分のせいでジスが離れるようで悪いような気がしたボンスンは、ジュヌォンに会いに行くがジュヌォンはまだ病気のままだった。

ジスと別れる決心をしたジュヌォン。

ジュヌォンの心を知っているかのようにジスは意識を取り戻し始める。

ジスは辛うじてジュヌォンの名前を呼び、ジュヌォンは感激する。

ジュヌォンはジスの状態を確認するために病院に向う。

めっちゃ好き・ネタバレ6

ボンスンに連絡して一緒に食事に行ったジュヌォンは、そのレストランでボンギとジンキョンに会う。

ボンギはボンスンに対するジュヌォンの態度が我慢できない。

カンサンと共に大統領の食事のもてなしに出ることになったボンスンは、ついに父に会えると思い胸が一杯になる。

しかし大統領と一緒にいるジュヌォンを見て、彼の身元を知り驚きの余り大統領夫妻の前で涙を見せてしまう。

ジュヌォンと自分が兄弟同士だと思ったボンスンは、ジュヌォンに「勉強も一人でするし当分の間会いたくない」と伝え携帯電話を返す。

ジンキョンからボンスンが不倫に落ちたと聞いた食堂の職員たちはボンスンに責め立て一騒ぎを起こす。

ボンスンに対するジュヌォンの態度が気に入らないボンギは、ジュヌォンにボンスンと大統領が一緒に撮った写真を渡し、「直接真実を確認して見ろ」と言う。

ボンスンの存在を知った大統領は、ボンスンに会う。

父に会えたという喜びもつかの間、大統領から出生の秘密を聞かされたボンスンは空しくなる。

ジュヌォンは悲しむボンスンを慰めようとボンスンと一緒に時間を過ごす。

ボンギはそんな二人の姿を見て寂しさを感じる。

ボンギはジュヌォンとボンスンの危険な関係を意識し、ボンスンをジュヨプに紹介してやろうとする。

ジュヨプもオンジュの愛情攻勢に疲れて仕方なくボンスンに会って見ることにする。

二人はデートをするがボンギの不安は消えない。

大統領はボンスンの生母を捜してやる決心をする。

生母の居所を把握した警護チームはハンスクの家に訪ねて行く。

家の前でボンスンを待っていたジュヌォンは、ボンギとボンスンの馴れ馴れしい姿を見て機嫌を損ねる。

自分の気持ちにジュヌォンは辛くなる。

自分で栽培した野菜を持って官邸を訪れたボンスンは、官邸のコックたちが料理を作っている場面を見かける。

カンサンの指揮の下で一寸の乱れもなく行われる作業にボンスンの目が輝く。

カンサンの前で自分の実力を見せるチャンスを得る。

一方、ボンスンは警護チームからハンスクの住所を教えてもらいハンスクを探しに行く。恋しさの対象だった母を心に描きながらハンスクを訪ねていくボンスン。

とうとう、運命的に母に出会うが・・・

めっちゃ好き・ネタバレ5

過去の3年間妻の事で辛かったはずのジュヌォンを見つめるボンスンは胸が痛んだ。

勉強をする為にジュヌォンの家を訪ねたボンスンは、直接ジスを見て慌ててしまう。ジスに尽くしているジュヌォンを見ると心が紛れた。

ボンスンの誕生日の日、ジンキョンとデートを楽しんでいたボンギはボンスンが気になって誕生日のプレゼントに携帯電話を買って来る。

しかし、ボンスンは既にジュヌォンから携帯電話をもらっていた。

ボンスンが大統領の娘である事を知ったボンギは、今までのボンスンの態度を思い浮かべ驚きの余り身が凍りつく。

ボンギは兄弟同士であるボンスンとジュヌォンの間が、これ以上おかしくならないように背一杯二人の間を妨害する。

一方、ジンキョンはボンギが買ってあげた携帯電話を使っているボンスンを見て悔しさで身震いをする。

担当の患者の手術に失敗し患者の家族に苦しめられたジュヌォンは落ち込んでいた。慰めてもらいたくてジスに電話をかけたが、逆に子供のように電話を切られてしまう。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。