キツネちゃん、何しているの?キャラクター3

今回も、キャストのみなさんのご紹介です。

パク・ビョンカク役/ソン・ヒョンジュ。
デブで背が低くて顔も悪い。
あだ名はブルドッグ。ブランド製品会社の社長らしく、ブランド物で身を固めているが、言葉遣いが荒く品性に欠ける。
金儲けが好きで浪費好き。
この無知な男を取り巻くうわさ話は尽きず、犯罪者、暴力団、ひと晩の酒代が数千万ウォン、モデルに手を出す、そして極めつけにはハワイで妻を車でひき殺したという話まで数多い。
本人は社長という不動の立場があるので、すべて聞き流している。
最近では自分を高尚に磨きあげるため、クラシックを聴き、数千万ウォンかけて書斎も作っている。
高額のペントハウスにブランド物の家具や服をはじめ、欲しい物はすべてそろえたけれど寂しさだけは埋められない。
そんなある日、妻に生き写しの女性が現れた。
自分に面と向かって歯向かうジュニ。
どうしてもジュニに亡くなった妻が重なってしまい、妻と同じ女にしようと試みる。

パク・ピョンガク役/ソン・ヒョンジュ
ブランド品輸入会社の社長。
金はあっても下品で短気なので、陰でブルドックと呼ばれている。
全身をブランド品でかため、高級車にペントハウスと何でも持っているが、3年前に事故で亡くした妻のことが忘れられず心寂しい。

キツネちゃん、何しているの?キャラクター2

今回も、キャストのみなさんのご紹介です。

ぺ・ヒミョン役/チョ・ヨヌ
泌尿器科の医師。
仕事能力があり、独身でハンサム、ユーモアがありスポーツも料理も得意な理想的な男性。
そして気に入った女性には「寝たい」とストレートに言ってしまう。
同郷の先輩である雑誌社の社長からの依頼から、低俗な男性雑誌のコーナーに記事を書いているが、1年だけと心に決めて書き始めたことで、担当者のコ・ビョンヒに出会う。
ビョンヒの雑誌「セシボン」の相談コラムの回答者を引き受けに記事を書いています。
彼女を見て、いい歳なのに世間知らずな感じで、経験豊富なフリをしているけれどウブと鋭く見抜く。
ビョンヒがまだバージンであることが分かると(トルツメ)面白半分で「俺と寝ない?」と誘うのだが……。


コ・ジュニ役/キム・ウンジュ
モデルとして活躍し、有能な男と出会って格好良く生きたいと思っている。
姉のビョンヒとは違って、自信に満ちあふれていて抜け目がなく、自分の意見がはっきりしていて自己中心的。
専門学校の衣装学科卒業後、ファッションモデルとして活動を始めて4年目。
ファッションとメークに一家言あり、安物の服もセンス良く着こなしてしまう。
一流モデルとしてファッションショーのトリを飾りたいという夢を抱いているけれど、若い高校生モデルが次々と登場するなか思い通りにならず少々焦り気味。
どんなに食べても太らないビョンヒとは正反対で、水を飲んでも太る体質なため涙ぐましいダイエットを続け、毎日2時間のトレーニングと英会話の勉強も欠かさない努力家。
姉の最大の弱みは男を知らないことだとよく分かっているので、ビョンヒが記事を書くのに困ったときは自分の経験からアドバイスすることも。
そんな姉の心境の変化にいち早く気づくジュニ。
しかも姉をときめかせている恋の相手は、昔自分をふった男、チョルスと知って驚く。
成金社長ピョンガクになぜか目を付けられ困惑。

キツネちゃん、何しているの?キャラクター1

韓流ドラマ「キツネちゃん、何しているの?」は30代女性から圧倒的な支持を受けたラブコメディです。
今回は、キャストのみなさんのご紹介!!!

コ・ビョンヒ役/コ・ヒョンジョン。
33歳という年齢に見合う成熟さを持っていない、成人向け成人誌「セシボン」の無名記者コ・ビョンヒ。
33歳の今まで恋愛経験ゼロ、当然男性経験なし。
正直すぎて心の中にあるものを隠せず、いつも失敗しては後悔しています。
性格は理性より感情が先走るタイプなので、よく笑いよく泣きます。
三角パックのコーヒー牛乳をこよなく愛し、いまもまだ運命的な出会いを夢見ているチャンドクの歌が好きなお転婆娘?
気がつくといつの間にか33歳になっていたことが悔しくてなりません。
そんなビョンヒの頭の中は雑誌に紹介するセックスのことでいっぱいで、ご飯を食べてる時・歩いてる時・地下鉄の中で居眠りをしている時もセックステクニックを研究しています。
ポルノ記事を書くときも自分をヒロインに置きかえながらパソコンを叩くクセがあるため、妄想の中では経験豊富です。
いつかは堂々と名刺を出せる記者になりたいと願っている。
ひょんなことから9歳年下のチョルスと一夜をともにしてしまいます。

パク・チョルス役/チョン・ジョンミョン
同年代の若者の価値観にとらわれることなく、若干ひねくれた視線と信念を持って生きています。
「自分の人生好きなように生きる」がモットーで歳のわりに早熟で頑固。
工業高校の自動車科を卒業して整備工場に通う途中、語学研修を口実に海外に出る。
1年間の放浪の旅の末に帰国します。
早くに両親を事故で亡くしたため、親代わりの姉には頭が上がらない。
9歳も年上のビョンヒに純情を捧げることに・・・


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。