一枝梅を楽しむ、ポイント2

ポイント2

韓国の蝋燭デモなどの社会問題や出演者が過去に出演したドラマや映画のパロディも話題になりました。

特にイ・ジュンギが主演した「王の男」、「犬とオオカミの時間」などのパロディはファンから絶賛されたほど。

機智に富んだ要素が加味されたキャラクター設定や台詞などには多くの視聴者の共感を得ました。

一枝梅を楽しむ、ポイント1

ポイント1

「一枝梅(イルジメ)」のストーリーは、フュージョンながらも、朝鮮時代の社会問題(身分の差、官僚の正・腐敗、改革派と保守派との対立など)を歴史的な事実に忠実に展開されています。

これは、脚本家チェ・ランが歴史ドキュメンタリー出身という影響も色濃いそうです。

「一枝梅(イルジメ)」の悲劇的な運命を乗り越えて英雄となる物語が、ユーモラスながらも真実味溢れる絶妙なタッチで描かれています。

華麗なアクションやCGを利用した美しい映像も見所のひとつ。

1975年、一枝梅(イルジメ)は韓国の漫画家、コ・ウヨンによりコミック化され大ヒットして以来、何度かドラマ化されています。

1993年の一枝梅(MBC)を演じたのはチャン・ドンゴン。

今回はイ・ジュンギが一枝梅を演じています。

一枝梅のキャスト2

ウエチェ役のハン・ヒョジュは、1987年 2月 22日生まれです。

ドラマ「一枝梅(イルジメ)」のヒロイン役ウンチェを演じるハン・ヒョジュは、ドラマ「ノン・ストップ5」で人気を集め、四季シリーズ「春のワルツ」の主人公に抜擢され、日本でも広く知られるようになりました。

今回の「一枝梅(イルジメ)」で初の時代劇に挑戦しました。


シフ役のパク・シフは、1978年2月15日生まれです。

舞台俳優として活躍後、2005年にドラマ「怪傑春香」でデビューしました。

2007年の「完璧なお隣さんに出会う方法」で韓国での人気をさらに高めました。

「一枝梅(イルジメ)」では、複雑な心境を持ちつつ義賊‘「一枝梅(イルジメ)」を追う難しい役どころを演じています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。