チェ・ジウ、初時代劇

タレントチェ・ジウさんが『スターの恋人』で、魅惑的な魅力を発散して“黄真伊”に変身しました。

1994年デビュー以来一度も時代劇に出演したことがないチェ・ジウさんは、14年ぶりに初めて芸者服を着て時代劇に出演しました。

チェ・ジウさんは、SBS水木ドラマ『スターの恋人』の1話で、朝鮮時代黄真伊を連想させる芸者姿で登場します。

チェ・ジウさんが務めるトップスターイ・マリが、人気俳優ユン・ジフン(キム・ジソク)と共に、時代劇映画を撮るシーンです。

チェ・ジウさんが演じるキャラクターが当代最高のトップ女優であるため、『スターの恋人』ではレッドカーペットイベントや制作発表会など映画と関係するシーンがたくさん挿入されて、見どころをふんだんに提供しています。

今回の時代劇出演シーンは最近、ソウル中区筆洞南山谷・韓屋村で行われました。
チェ・ジウさんは梅が描かれた屏風を背景に、魅惑的な韓服姿を発散。
韓服を着たチェ・ジウさんの姿を初めて見た制作陣も「黄真伊が帰ってきた」と賛辞を送りました。

チェ・ジウさんの芸者役は、ただ何秒か露出するだけだが、これのために髪を結って、かんざしで装うのに約3時間がかかり、チェ・ジウさんは「短い時間の撮影なので惜しかったが、それでも時代劇に初めて出演したので、願いがかなった」と喜んていたそうです。

ドラマ「花より男子」と「妻が結婚した」

キム・ヒョンジュがKBS2ドラマ「花より男子」合流しました。
キム・ヒョンジュが演じるのはク・ジュニ(原作:ツバサ)役。
ご存知の通りドラマの展開に重要な影響を与える人物です。

自称「花より男子」の熱烈ファンというキム・ヒョンジュはチョン・ギサン監督の出演提議にこころよく応じたという裏話もあります。
ク・ヘソン、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、イ・ミノ、ボーイズバンド’T-Max’のキム・ジュン、そしてハン・チェヨンの特別出演が決まっている「花より男子」は12月下旬の放送予定です。

また、キム・ジュヒョク、ソン・イェジン主演で映画化された小説「妻が結婚した」が映画に続きドラマになるそうです。
映画「妻が結婚した」の製作会社ジュピターフィルム側はこの作品のドラマ化計画を明らかにしました。

パク・ヒョンウク作家の小説「妻が結婚した」は2006年第2回世界文学賞を受賞。
40万部以上売れたベストセラーで10月23日公開した映画は公開から11日目で全国観客動員数100万人を突破しました。

「妻が結婚した」は結婚すれば彼女の自由恋愛が終わると思った男と、結婚していながらも他の男とも結婚したいというかわいい女イナの愛の話だそうです。

新連続ドラマ「愛してる、泣くな」

MBC新連続ドラマ「愛してる、泣くな」の製作発表会が開かれました。
「愛してる、泣くな」は互いに違う環境で生まれ育ち、傷を持った2人の男女が出会い、愛し合う彼らを中心にした家族ドラマで、昔の女が残していった子供のため結婚が破談になる男をイ・ジョンジンが、彼の傷を抱きしめ恋に落ちた女をイ・ユリが演じます。

「愛してる、泣くな」には先日SBS金曜ドラマ「神の天秤」を終えたばかりのイ・サンユンも出演しますが、”続いてエリート役ばかりしてちょっと心配になる。率直私が新人だから製作陣は演技力に対する不安感があるはず。今度のドラマも私のイメージだけでキャスティングしたようだ”

ソウル大物理学科出身という自分の学歴について”関心を持ってくださるからまだまだ特なようだ。演技力、イメージなど条件が似ている人物と比べた時もう一度見てくれるから”と”ただ演技者として能力を見せることができなければ’学歴一つ信じて出たやつだな’と思われるわけでその時からは毒になる”と自分の状況についてシビアに語りました。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。