3人目妊娠中の後姿

MBC新しい水木ドラマ『帰ってきた一枝梅』で白梅役を演じたチョン・ヘヨンさんが、美しい後姿が写された写真を公開しました。

今回公開されたスチールでチョン・ヘヨンさんは、子供を奪われた背信で世を捨てて生きていく冷たさと、息子一枝梅をあまりにも愛する想いを一生胸に抱く温みがにじみ出る演技を行ったそうです。

チョン・ヘヨンさんは入浴シーン撮影当時「スタッフの方たちが、私が寒いかとお湯をとても熱くして下さった。とても熱くてじっと我慢しながら演技をしたが、撮影が終って見てみると手が腫れていた」と、特有の明るい微笑を浮かべていました。

チョン・ヘヨンさんはドラマで一枝梅(チョン・イル)の生母白梅を演じ、劇中白梅は兩班に凌辱されて産んだ子供を、一度も抱かせてもらえないまま追い出され、一生息子一枝梅を恋しがる悲運の女性を演じました。

しかし、彼女は奴婢の身分でありながら見よう見まねで覚えた言文で、詩句をさらさらと書くほどの文才に恵まれたそうです。

花より男子の熱愛説

熱愛説が流れた女性デュオ「ダビチ」のカン・ミンギョンさんが、KBS第2月火ドラマ『花より男子』に出演中であるイ・ミノさんとは、親しい兄と妹の関係だと明らかにしたそうです。

カン・ミンギョンさんとイ・ミノさんが昔カラオケで一緒に歌っている写真が最近インターネットに拡散し、ネットユーザーの間で交際しているのではないかという声が上がっていました。

これに対して、カン・ミンギョンさんの所属事務所の関係者は「昔から親しい兄と妹の関係なだけだ。熱愛説はとんでもない」と一蹴したそうです。

一方カン・ミンギョンは「ダビチ」のメンバーとして昨年1月デビュー後、『憎くても愛しているので』『悲しい決意』『愛と戦争』の3曲を相次いでヒットさせ、2008年最高の新人に位置づけました。

カン・ミンギョンさんとイ・ヘリさんの「ダビチ」は、2月ミニアルバムをリリースする計画だそうです。

SBS月火ドラマ『テロワール』が、視聴率アップ

SBS月火ドラマ『テロワール』が、4話で2桁視聴率を記録しました。
視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、『テロワール』は9日の放送で10.9%の全国視聴率を記録しました。

『テロワール』は1日初回放送において、7.3%という期待はずれの不振な成績で出発をしました。
しかし8日3話では8.3%に上昇、9日の放送では2.6%上昇しました。

俳優たちが「初回の放送視聴率に多少失望した。しかしストーリーもますます興味深くなる予定なので、2桁以上の視聴率を出す自信がある」と言い放ったことが、現実になっています。

韓国初めてのワインドラマ『テロワール』は、ドラマの中心になるワインレストラン「テロワール」が本格的にオープンし、ドラマに活力を吹き入れています。

キム・ジュヒョクとハン・ヘジンら主演演技者とキム・ビョンセら実力派演技者が熱演を繰りひろげ、視聴者の注目を集めています。

一方この日MBC『エデンの東』は28.1%の視聴率で相変らずテレビドラマで1位を独走中で、放映終了を控えているKBS第2『彼らが住む世界』は5.8%で不振状態が続いています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。