ピ、コンサート情報

歌手ピが韓国国内活動について具体的な計画を明らかにしました。

ソウル蚕室オリンピックホールで開かれたファンミーティング会場でピは「元々、今年9月、ワールドワイドアルバムが出る予定だったが、映画「忍者アサシン」撮影のため、来年に延期になった」と話しました。

ピは「その代わり、私を待っているファンのためにアジア・スペシャルアルバムを10月初めに販売する予定。今回のアルバムを始まりに韓国のみならず台湾、中国、日本など、アジアで活動する。今年末まではうんざりするほど、会える」と話しました。

さらに彼は「最近、国内活動を始めるために記事の検索をするが、ファンがアップした文に衝撃を受けた。「韓国での活動を是非してください・・・ピ、とっても大きくなった」という文があった。その文を見て気分が悪いのではなく、私を待っているという思いがして、嬉しかった。」と述べました。

また、彼は「アルバムと共に各種コンサートを進行する予定。今は『努力して、最善をつくすピになる』という言葉よりは、違ったことで勝負するピになる。これまでとは違った独特のコンセプトのコンサートを見せる」と語りました。

これまで、海外活動により、国内活動が遠のいていたピは、今回のファンミーティングをきっかけに、本格的な国内活動に突入します。

今回のファンミーティングは韓国を始め、中国、日本、台湾など、海外ファン1,300人余が参加して盛り上がったそうです。

ソ・スンホンの新ドラマ

慶尚南道陜川・陜川映像テーマパークでMBC特別企画ドラマ『エデンの東』の制作発表会が開かれました。
この日の制作発表会には、主演俳優のソン・スンホン、ヨン・ジョンフン、ハン・ジヘ、イ・ダヘ、イ・ヨニ、パク・ヘジン、チョ・ミンギが参加して、新しく始まるドラマを紹介しました。

制作発表会場である陜川映像テーマパークには、出演陣をはじめ、ドラマ制作関係者、慶尚南道地域関係者、そして地域住民約1000人が参加して、新しく始まるドラマに対する熱い関心を反映しました。

制作発表会では関係者の祝辞に続き、出演陣の紹介と挨拶の言葉、そしてハンドプリンティングイベント、そしてSee Ya、FTアイルランドらの祝賀公演が行われた。挨拶の言葉でソン・スンホンは、司会者が「なぜこのドラマを見なければならないのか?」という質問に「本当に素晴らしいドラマに、素晴らしい演技者が出演したので、素晴らしいドラマになるためだ」と答えました。

祝賀公演に続いて最後の順序では、来週から始まるドラマ1話の上映も行われました。

今年下半期最大の期待作でソン・スンホン除隊後初めてのドラマ『エデンの東』は、8月26日放送開始されます。
(あっ、明日ですねグッド(上向き矢印)目

韓国版『シカゴ』

ソウル獎忠洞国立劇場で、ミュージカル『シカゴ』のプレスリハーサルが行なわれました。
この日のプレスリハーサルには、主演俳優のチェ・ジョンウォン、ナム・ギョンジュ、ペ・ヘソン、キム・ジヒョンそして歌手オク・ジュヒョンが参加しました。

韓国版『シカゴ』は2007年公演の時と同じように、韓国最高のミュージカル俳優チェ・ジョンウォン、元ピンクルのメンバーオク・ジュヒョンがペルマとロキシー役を演じます。

そこに、韓国を代表する俳優ナム・ギョンジュが加わって、より堅固な『シカゴ』が誕生しました。
主演俳優のチェ・ジョンウォンは、「『シカゴ』はロキシーとペルマの競争と背信、陰謀など、女優の心理戦が際立つ作品だ。今回の公演では、昨年の公演よりドラマ的な部分を生かして、観客とさらに密着した最高の公演にしたい」と語りました。

ミュージカル『シカゴ』は、1920年ジャズと経済が発達したシカゴを背景に、殺人者ヴェルマ・ケリーとロキシー・ハート、二人の女囚が人気と名声を追う物語で、初演以来32年が過ぎた現在でも公演されています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。