復活・ネタバレ3(9話〜12話)

ウナは、シンヒョク副社長になりすましたハウンを入社式で見て驚愕します。
ハウンはウナの姿に気づきますが、なんとか冷静さを保ちます。
記者のガンジュはジェスの話を元に調べた結果、シンヒョクには双子の兄がいて最近死亡した事をハウンに伝えます。
ハウンは協力者であるチョン・ゴンミョンから、かつて彼が働いていた警察のホ・ドク署長が、SME社のキム・サンホから賄賂を受けている事実を聞かされます。
ハウンの協力者チョンは、ハウンがシンヒョクに成りすましていることに気が付くが、彼の秘密を共有してハウンに協力をします。
ウナはガンジュと会い、ハウンの本名はガンヒョクであり自分の勤める武陵(ムルン)建設副社長ユ・シンヒョクが弟という事実を知ります。
ある日、ホ警察署長にチェ・ドンチャンとの密会現場の写真が送付され、彼を震え上がらせます。
一方警察にハウンの殺害実行犯人が、暴力団サンチョル組の一味であるパク・サンチョルであるという情報が飛びこみます。
KSS記者のガンジュは、ある日差出人不明の2通目の手紙を受け取ります。
手紙には「1985年4月20日を調べろ」と書いてありました。
彼女は過去の新聞記事を洗い出し、その日建設省の役人が自殺したという記事が載っているのを探りあてます。
彼女はその事件の当時の担当刑事が、シンヒョクの父ユ・ゴナであった事を調べあげ、シンヒョク(ハウン)に報告します。
ハウンは心の中で「イ議員、貴方の娘はとても優秀だね」とほくそえみます。
先輩刑事ギドはまだ病床にいました。
ハウンの協力者チョンは、ハウンの指示でパク・ヒスという詐欺師を雇います。
コンベンションセンターへの入札が近づき、武陵(ムルン)建設のデザインチームはエコフレンドリーに沿った新しいコンセプト案を出す事に。
ガンジュは、父・イ議員との会話の中で彼が1985年12月に建設省を辞めたことを知り、自殺したキム・チョルミンという人物を知っていなかったかを問います。
ハウンはガンジュに「宛先人不明の3通目の手紙」を送ります。

復活・ネタバレ2(5話〜8話)

ハウンは実業家になった弟シンヒョク(オム・テウン二役)を彼の出張先のホテルロビーで見かけ驚愕します。
一方、かつての同僚のスチョルは、チェ一味に賄賂を受け取ったという弱みを握られてしまい、ハウンからの情報をもらしてしまいます。
ハウンは警察の追っ手をかわしながら、遂に弟のシンヒョクとの再会にこぎ着ける事に。危険を避けるため、その日の夜にある場所を指定して落ち合う事になりますが、、弟シンヒョクの死に遭遇してしまいます。そしてある決断をする事に。
ハウンはシンヒョクのコンピューターを調べている時、2つの奇妙なフォルダを発見します。
そのうち1つのパスワードを解析してファイルを見ると、シンヒョクの周辺人物の調査データが一覧できるようになっていました。
ある日ハウンは、ヤン・マンチョルの刑務所内病棟を訪れ父の死にまつわる真相を聞き出します。
弟シンヒョクになりかわりソウルに戻ったハウンは、心の整理を付けるためウナ達と暮らした家の前にたたずみます。
シンヒョクとして帰宅したハウンは、20年ぶりに実母に再会。
彼女を抱きしめたい衝動を抑えつつ、母を欺いて生きて行く事を心でわびていました。J&Cグループのチョン・サングク会長の誕生会に招かれたハウンは、イ・ガンジュ(ソ・イヒョン)の提案でガンジュとの婚約解消を了解します。
イ・テジュン議員とチェ・ドンチャンへの復讐心を新たにします。
ハウンの義父ソ・ジェスは、KSB記者のガンジュに死亡したハウンの事件について語ります。
コンベンションセンターの入札が大詰めを迎えるが、そんな頃刑務所の病床にいたヤン・マンチョルの死亡が伝えられます。
ハウンは、個人的に情報収集をし、チェ・ドンチャンやイ議員の周辺の洗い出しを始めます

復活・ネタバレ1(1話〜4話)

復活は、全24回のテレビドラマ。
放映開始時期が、「私の名前はキム・サムスン」と重なってしまった為に視聴率の面では苦戦しましたが、インターネット上では一部のファンの熱烈な支持を受けた作品です。

20年前のある豪雨の夜、一人の男が血だらけの男の子を抱えて父と娘の貧しい家を訪ね、その子供を預かるように要求します。
20年後その子は刑事となっていました。
彼の名前をソ・ハウン(オム・テウン)といい、高卒学歴ですが正義感の強い刑事として正義感を全面に出して犯罪捜査をしていました。
ある日、ソウル市内のマンションでホテル社長イム・デシクの死体が発見されます。
状況から自殺と見られたが、ハウンは仔細な状況を見て他殺を主張します。
ハウンは、死んだイム・デシクが自殺ではないと確信し捜査をしますが、他の刑事からは疑問を持たれる事に。
ハウンの上司、キョン・ギド班長は現場に足を運び調べた結果、壁に書かれたある文字を発見します。
ハウンはイムが生前教会に通っていた事実を掴み、牧師からイム・デシクが「昔、人を殺めた」と言っていたと聞かされます。
警察は、参考人として呼ばれたホテル副社長のチェ・ドンチャン(キム・ギュチョル)への尋問を行いますが、彼にはアリバイがありました。
義兄妹ソ・ウナ(ハン・ジミン)にハウンは想いをぶつけられ、躊躇してしまいます。ハウンの上司であるチョン・ギドは、ある時ヤン・マンチョルの消息を知り休暇を取って彼に会うために地方の刑務所を訪れます。
そして彼の口から20年前のギドの先輩だったユ・ゴナ刑事の事故死の真相が明かされます。
一方ウナは突然自宅を飛び出して消息不明となってしまいます。
ハウンは、彼に残されたメッセージを読みある場所へ車を走らせます。
ハウンは上司であるギドの連絡である場所で会う約束をしますが、ある事件に遭遇してしまいます。
ハウンは、その事件をチェ・ドンチャンの仕業だと決め付け彼に圧力をかけますが、逆にチェ一味に自宅内に薬物を置かれてしまい、ハウンが警察に追われる身となってしまいます。
同僚スチョルの助けでソウル市外に逃れますが、再び危険を冒して戻り入院しているギドの妻から彼女の夫が持っていたハウンの実父・ユ・ゴナ刑事の捜査日誌を受け取ります。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。