復活・ネタバレ6(21話〜24話)

ウナは、自分がハウンに贈ったブレスレットを、シンヒョクの妹が腕につけているのを見て驚きます。
パク・サンチョルは、スチョルから自首を勧められますが断ります。
イ議員とチョン会長宛てにチェ・ドンチャンから2本のテープが届き、その中には、彼ら2人には隠しておきたい内容が含まれていました。
一方カン・インチョル会長は秘書に命じ、シンヒョクが兄の死亡前に兄に会っていたかを探らせます。
ついにシンヒョクは、自分がハウンであることをウナに告げます。
また母イファも、シンヒョクが実はガンヒョクではないかと気づき始めます。
一方、ガンジュは、パク・ヒスの身元を調べていくうちに彼の実母が新聞のたずね人ミン・スヨンだと知り驚愕とします。
イ議員はチェ・ドンチャンに会い、自分たちをはめようとしている第三者の存在を確信します。
ハウンはパク・サンチョルから呼び出され、そこで決定的な情報を得ることになります。
ハウンはパク・サンチョルから父ユ・ゴナの殺害事件に、武陵建設会長のカン・インチョルが関わっていたことを聞かされ愕然とします。
キョン班長は獄死した、死刑囚ヤン・マンチョルの妻から遺品の中に隠されていた手紙を受け取ります。
実の母がミン・スヨンであることを知り、母の行方を捜していたパク・ヒスはハウンの出国指示を受け入れられずにいました。
一方ヒスの行方を捜していたガンジュは、ハウンの後輩刑事の協力を得てヒスの運転免許写真を入手するが・・・
イ・テジュン議員はガンジュからスティーブン・リーと名乗る男の正体を知らされ驚愕します。
一方、キョン班長は教会の神父からイム・デシクが殺される前に残した手紙を渡され、聖書の一節を引用した内容に真意を測りかねていました。
手紙を見せられたハウンは、それが事件の証拠が隠された場所を示す暗号だと考え教会に向かいます。
そして事件の全貌をつかんだハウンは、ついに真犯人の前で自らの正体を明かします。

復活・ネタバレ5(17話〜20話)

ある日イファは、キョン班長の病室の枕もとに置いてあった同僚の写真の中に、シンヒョクと瓜二つの人物を発見し驚愕します。
キョン班長の妻から彼の名前がソ・ハウンであることを知り、勤めているという警察署に訪ねますが、そこで彼の死を知ることになります。
イファは事実を受け止められず、気を失い病院に担ぎ込まれてしまう事に。
スチョルはハウンの指示でチェ・ドンチャンの事務所をガサ入れをします。
イ議員とチョン・サングク会長は、キョン班長の回復によって事実が発覚するのではないかと懸念します。
イファは、長男ハウンの死という現実を受け入れられずにいました。
彼女はハウン扮するシンヒョクと、ハウンの育ての親であるジェスの家を訪ねます。
イ議員は、新聞の尋ね人欄に掲載されていた「ミン・スヨン」という名前を見つけて動揺します。
チェ・ドンチャンは、武陵建設会長のカン・インチョルに呼び出されます。
チェ・ドンチャンは恭しく頭を下げ、カンの指示を仰ぎます。
イ議員とチョン会長は、新聞に掲載されたミン・スヨンの尋ね人欄への対応を協議します。
ミン・スヨンは、イ議員が結婚前に交際していた女性でした。
チェ・ドンチャンはパク・サンチョルからの電話で、イム・デシクが殺害された日のチェ・ドンチャンの行動に触れられ、チェ・ドンチャンの知らない事実があることを伝えられます。
キョン・ギド班長は、シンヒョクの姿をした人物がハウンであるという事を知り苦悩の日々を噛みしめていました。
イ議員とチョン会長は、チェ・ドンチャンの失態を非難します。
その日の夜、チェ・ドンチャンは何者かによって襲撃され病院送りになってしまいます。スターホテルの株主総会でチェ・ドンチャンへの社長就任に対して反対動議が起こり、チョン会長の妻ユン・ミジョンが社長に就任するというドンデン返しが起こります。

復活・ネタバレ4(13話〜16話)

ハウンの隠れ家におびき出されたキム・スチョル刑事は、彼がシンヒョクに成りすましていたと知り彼に懺悔します。
しかし、ハウンは彼を許せませんでした。
ハウンは協力者のチョン・ゴンミョンとパク・ヒスを使い、イ議員とJ&Cのチョン会長に対し巧妙な罠を仕掛け始めます。
ある夜、ガンジュはジェスの店で酔いつぶれてしまいます。
ジェスは、その時ガンジュが置き忘れたファイルの中にある写真を見つけ、その写真の男に見覚えがあり愕然とします。
入札に勝った武陵(ムルン)建設は沸き返りました。
スチョルはパク・サンチョルを捜し回り、パクの愛人の居場所を突き止めます。
ハウンはイ議員に会い「ライオンファンドという投資信託会社が中国での天然ガス採掘権を獲得し共同事業者とパイプライン工事業者を探しており、その工事業者に武陵建設を推薦して欲しい」と伝えます。
J&Cチョン会長は、チェ・ドンチャンにスターホテルの経営権を譲渡するが、妻のユン・ミジョンは不満を抱きます。
ガンジュは、ハウンの死と20年前のシンヒョクの実父の事故が関連があるのではないと疑い始め、その考えをシンヒョクに伝えます。
シンヒョクはイ議員とチョン会長に会い、兄ハウンの死を母のイファには内密にするよう頼みます。
パク・ヒス扮するスティーヴン・リーは、イ議員に接触しライオンファンドが中国での天然ガス採掘を実現するため、事業パートナーを探す上で助言をしてもらいたいと伝え、それなりの礼を約束します。
J&Cのチョン・サングク会長の手元に1通の手紙が届きます。
チョン会長は、イ議員とその内容に関しての対応を練ります。
イ議員の娘ガンジュは、取材を進める中で、イム・デシク・ヤン・マンチョルが20年前の再開発事業の時期に、J&Cの前身であるサングク建設に雇われていた事実を掴みます。
ある夜、ガンジュは仕事場まで送り届けてくれたシンヒョクにキスをするが、ウナがそれを目撃してしまいます。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。