オールイン〜運命の愛〜キャスト

オールイン〜運命の愛〜、見ましたか?
最初はインパクトがなくて、ダラダラと見ていましたが回を重ねるごとに夢中になってしまいました。

今回はキャストをご紹介します。

キム・イナ役は、イ・ビョンホン。
1970年7月12日生まれ。
ソン・スンホン、イ・ジョンジェ、シン・ハギュン、イム・チャンジョンなど、たくさんの芸能人の友人がいるようです。
漢陽大學校仏語仏文学科卒。中央大学新聞放送学科大学院卒。
大学在籍中に母親の友人の勧めで、芸能界デビューをしました。
それまでイ・ビョンホン自身は、俳優には全く興味がなかったそうです。
ビョンホンシ・ビョンビンなどのニックネームで、韓国TV界の「視聴率男」と言われています。イ・ビョンホンは、韓国映画界屈指の3本指にはいる俳優とまで言われる、超ビッグスターで、韓国では「カリスマ」的な若手筆頭の俳優さんのようです。
数年前、彼の事務所移籍の時には、至上最高額の移籍金が話題になりました。
韓国では、日本で大人気のペ・ヨンジュン以上の人気・実力が認められている俳優さんです。

ミン・スヨン役のソン・ヘギョ。
1982年2月26日生まれ。
1996年にペ・ヨンジュン主演の「初恋」でデビューしました。
2000年「秋の童話」のウンソ役で可愛いイメージから脱皮、成熟した女性への変身に成功し一躍トップスターの仲間入りをしました。
「オールイン〜運命の愛〜」では撮影後に共演したイ・ビョンホンと交際が報じられ、ビッグカップル誕生として話題になりましたが、2004年に破局していまいました。
<オールイン>以後1年余りの休息期をとりました。
ソン・ヘギョンはCMの女王としても有名で、清楚なイメージで白い肌が印象的な化粧品のCMに多く出演しているようです。
「オールイン〜運命の愛〜」では、英語、日本語を完璧な発音で演技して視聴者たちを驚かしたようです。
2007年公開の実在した朝鮮最高の名妓ファン・ジニの生涯を描いた映画「黄真伊」で注目されています。

チェ・チョンウォン役は、チ・ソン。
本名は、クァク・テグン。
1977年2月27生まれ。
1999年STVの「カイスト」でデビューしました。
教育者である父親が強く反対したことで、1度は役者の道を諦め漢南大哲学科に進学しましたが、やはりどうしても夢を諦めることができず、「カイスト」製作陣にプロフィールを送って出演を要請したそうです。
しかし、彼のゆく道は平垣ではなく、大学を休学して演技者の道を本格的に歩み始めようとする彼に家族からの支援が途切れたことで、1年間新聞や牛乳配逹・ガソリンスタンド・工事現場の雑用などのアルバイトをしながら、スターに対する夢を育んでいきました。水原大演劇映画科に転校し、理論と実技を兼ね備えた演技者になるため努力したそうです。
今は軍隊に入隊中ですが、「オールイン〜運命の愛〜」で共演したパク・ソミルと愛をはぐくんでいるようです。

ソ・チニ役は、パク・ソルミ。
1978年1月3日生まれ。
1998年MBCのオーディションに合格しデビューしました。
デビュー当時は、パク・へェジョンと言う名前だったみたいです。
冬のソナタでは、いじわる娘の役でセンセーショナルな人気を集めましたが、視聴者たちに悪口をたくさん言われ事も多かったようです。
でもパク・ソルミは、それを「幸せだった」と言っています。
ドラマでは小憎らしい悪役をやる事で、視聴者たちに自分を知ってもらうきっかけになったからだそうです。
日本では、オスカープロモーションに所属しています。
今は入隊した恋人のチ・ソンにHPで「愛するから愛するのではなく、愛するしかないのであなたを愛します。私にとって最も大切なあなたに」とメッセージを書いて話題になっています。
チ・ソンからも訓練所入隊前、『ありがとう。愛してる!』とパク・ソルミに対する愛を告白があったとか・・・ラブラブのお2人のようです。

日本でも共演者がお付き合いをする事は良くあることのようですが、2組のカップルが誕生するなんてすごいなぁ・・・と感心してしまいました。
チ・ソン&パク・ソルミのカップルには、結婚までいって欲しいなぁと思っています。

オールイン〜運命の愛〜あらすじ

韓流スター、イ・ビョンホン主演の人気ドラマ「オールイン〜運命の愛〜」。
美しき日々の役柄と違い、イ・ビョンホンの違った面が見えます。

ドラマでは、原作は実在のギャンブラーを元にした小説「ALL IN」(ノ・スンイル著)。
このドラマはほとんどフィクション。
アメリカでカンフーを教えるなど創作と思われる描写もあるが事実を元にして映像化しています。

韓国では、2003年1月〜4月にSBSで全24回のドラマとして放送されました。
オールインとは韓国語で「すべての人」を意味します。(ALL IN=賭博用語で,俗語で自分が持った掛け金を全部かけるという意味)
日本では「オールイン〜運命の愛〜」というタイトルで、放送されました。

ドラマのストーリーは、カジノ界での激しい争いが描かれています。
二人の男性の野心が、金と名誉と女を賭けて互いにぶつかり合います。

ギャンブラーの叔父を持つキム・イナ(イ・ビョンホン)は、しばしば友人と連れ立って劇場の地下に通っていました。
そんなイナは、優等生で金持ちの家族を持つチェ・チョンウォン(チ・ソン)と知り合いになり、チョンウォンをイナが生きる堕落した世界に誘い込んでしまいます。
ミン・スヨン(ヘン・ソギョ)は深夜劇場で働いていたが、父が死んで天涯孤独の身となってしまいます。

イナとチョンウォンは、彼らの友人の負傷とスヨンの父の死の原因を作ったヤクザへの復讐のため、手を組んで組事務所でもある倉庫に放火するが、誰もいないと思っていた倉庫に酔いつぶれた組長がいたため、組長を殺してしまい逮捕されてしまう。
チョンウォンはカジノオーナーの父親チェ・ドンファン(イ・ドックァ)の根回しで無罪放免となるが、イナは懲役7年の刑を宣告され少年刑務所に服役する事なってします。
イナの服役中、チョンウォンは罪悪感を感じながらもアメリカに留学します。
イナは釈放後、刑務所で知り合ったユ・チョング(ホ・ジュノ)と共にカジノの保安係として働く。
一方スヨンは修道女になると言っていたが諦め、同じカジノでディーラーになっていました。
その直後イナ・スヨン・チェンウォンの三人は再会し、イナとスヨンは恋に落ちる。
イナに危機が迫ったとき、チェンウォンのはからいで彼はスヨンを残してアメリカへ逃亡することに。
彼らは後に再会するのだが・・・

撮影を韓国だけではなくアメリカでも行い、迫力あるドラマになっています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。