朱蒙(チュモン)・裏話 その5

裏話 その5

●ダメ男ヨンポのファンは、男性ファンが多い。
なぜかダメな男・ヨンポには、男性ファンが多いそうです。
単純で知識もないのに、思い立ったらすぐ行動する行動力に共感を呼んだのが理由とか?
ヨンポがテソから言われる「情けないやつめ!」という言葉が、韓国では流行語になったとのこと。
職場などでミスをすると「情けないやつめ!」のように使われたようです。

●特許でも人気!イメージを壊すものはNG
韓国の特許庁によると「朱蒙(チュモン)」人気で「チュモン」「ヘモス」「サンジョッオ(三足鳥)」の商標登録を求める申請が増大したとか。
いろいろな商品がそのネーミングで作られたのだが、「チュモン」というタバコは、「朱蒙(チュモン)」の製作会社から許可が下りず、タバコメーカーとの間でもめたそうです。

朱蒙(チュモン)・裏話 その4

裏話 その4

●3人の王子は、普段も本当に険悪だったの?
王子役は、イルグク・ヨンポ王子(ウォン・ギジュン)・テソ王子(キム・スンス)の3人。
役の上では、ヨンポとテソがつるみチュモンに意地悪をしますが、実際もヨンポとテソはプライベートでも仲が良く、チュモンは蚊帳の外だったそうです。
撮影当初、スケジュール的にヨンポとテソが一緒の時が多く、チュモンは2人と一緒の時が少なかったために自然と仲良くなったそうです。
「イルグクを本当に嫌っているように思われてました」と2人は語っていたそうです。
後日3人親しくなったそうです。

●ヨンポのキューピットはイルグク?
ヨンポは、女優のキム・ヒョクジュンと交際中でしたが、昨年の6月に舞台上でみんなの見守る中プロポーズしました。
その公演を見に来ていたイルグクが記念撮影を撮ったとか?
ヨンポいわく「撮影中、早く結婚したほうがいいよ」とイルグクに言われ、12月の結婚式について「12月ならいついつの土曜日はチョジュで撮影だから、MBCで12月3日の式がいいよ」と謎のアドバイスまでもらったそです。

朱蒙(チュモン)・裏話 その3

裏話 その3

●朱蒙(チュモン)が漢字教育の課題アニメに
「朱蒙(チュモン)」の人気にあやかり、漢字教育のアニメーションに「朱蒙(チュモン)」が使われたそうです。
内容は、6〜8級の漢字と小学生が使う日本の漢字が勉強できるそうです。

●ソン・イルグクは報道カメラマン!
ソン・イルグクは漢河(ハンガン)の川辺のマンションに住んでいているそうですが、そこの近くには高速道路が走ってそうです。
ある夜イルグクが夜景を見ていると、高速道路でたまたま交通事故が起こり、イルグクはすぐにその様子を撮影。
その時の写真が、MBCのニュースに流れたそうです。
また、ヘモス(ホ・ジュノ)が死んだ時のシーンを撮影したところ、出来栄えがよかったため、「朱蒙(チュモン)」のプレス用の写真に使用されたとか?


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。