朱蒙(チュモン)・裏話 その8

裏話 その8

●スタッフ・キャスト猛勉強
ドラマを始めるにあたってスタッフもキャストも高句麗について猛勉強をしました。
特にイルグクは勉強熱心で「高句麗がなければ、今のコリアはない」と語ったという。ヘジンは「韓国歴史を変えた女性たち」という本を読んで勉強したそうです。

●朱蒙toto
初回の「朱蒙(チュモン)」の視聴率をネタに、スタッフ全員1人1万ウォンずつかけたそうです。
ちなみに予想はイルグク21%・テソ20.4%・ヘジン18.3%・監督18.9%など。
実際は16.3%でイルグクのマネージャーとスクリブターの人が的中させ、50万ウォンずつ手にしたとのこと。

●延長問題で、円形脱毛症
60話から81話にするというテレビ局側からの要望と日々のストレスでイルグクの頭には円形脱毛症ができたそうです。
イルグクは延長を拒んだが、田舎で文房具店を営むおばあちゃんから「子供達が朱蒙(チュモン)を喜んでいます。コンピュータゲームをやめて、楽しくテレビを見ています。イルグクさんが延長に反対との記事を新聞で読んだので手紙を書いています」としたためられていました。
それを監督から渡されたイルグクは、10分間一言も口を聞かず考え「感動した」と延長を決意したそうです。

朱蒙(チュモン)・裏話 その7

裏話 その7

●NGのあとの一言
イルグクは「すみません」とすぐ謝ったあとに口の運動。その後のNGをだしてしまうと「あ〜〜〜」とスタッフが驚くほどの声をあげるといいます。
ソソノ役のハン・ヘジンは、口を前にだすそうです。
テソは「自分は何をやっるんだ」「自分はダメだ!」とひたすら自分を責めていたそうです。

●スタントない、命がけの撮影
顔が少しでも映るシーンはスタントなしで俳優が演じたようです。
1度テソの刀がチュモンの目のすぐそばをかすめ、イルグクは顔面蒼白になったといいます。

●撮影中もラブラブ
歌手に恋人ナオルと交際を公言しているハン・ヘジンは、「朱蒙(チュモン)」の撮影中はナジュのアパートに住んでいたので、なかなか恋人ナオルと会えなくてつらかったようです。
前作の「がんばれ!クムスン」の撮影時は、恋人ナオルが現場に来てデートをしていたそうです。

●当初60話予定が・・・
当初60回の予定だった「朱蒙(チュモン)」でしたが、あまりの人気にテレビ局が延長を打診。
製作会社もイルグクも「無理に延ばすとクオリティを落とす」と反対したが、結局は21回延ばし、全81話で完結となったそうです。

朱蒙(チュモン)・裏話 その6

裏話 その6
●ヨンポの馬の名前もヨンポ
撮影のためにたくさんの馬が用意されましたが、誰がどの馬とははっきりは決められていなかったそうです。
撮影が進むにつれなんとなく決まっていき、ヨンポは自分の馬をヨンポと名づけ可愛がっていました。
すると馬のヨンポも人のヨンポの話しか聞かなくなり、たまに他の人が乗ると馬のヨンポはNGをだしたとか?

●時代劇の悪役をやらせたら右に出る女優なし
「チャングム」にも出演し、チェ尚宮を演じた王妃役のキョン・ミリ。
当初、すぐいなくなる設定でしたが、彼女の悪役ぶりがあまりにも上手かったため、人気が沸騰。
結局、最後まで出演することになったそうです。
ちなみに歴史上でこの王妃は様々な悪事を働き、王室を追い出されたあとテロの罪で処刑されたと言われています。


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。