太王四神記・ヨン様の怪我

ヨン様が、怪我負傷部位がなかなか回復しないで悩んでいらっしゃるようです。
去る10月末MBCフュージョン時代劇「太王四神記」の撮影中に相手俳優の刃に当たり、右手のじん帯が切れるという負傷を負ったとか。
その後も続くアクションシーンをこなすため、怪我の治療が後回しされた状態に・・・ヨン様の関係者の話では「事故直後、ギブスをして負傷部位を動かさない状態で4〜6週間治療を受けなくてはならないという診断を受けた。しかし、通常通り撮影に臨むというペ・ヨンジュンの意志が強く、十分な休息をとっていない」と言っているそうです。

ヨン様、負傷後もギブス状態の指に肌色のテーピングをして撮影に臨んでいらっしゃるとか。
韓国では、放送分の中のペ・ヨンジュンの負傷部位が見える写真が出回り、話題になっているそうです。

日本ではまだ未放送の「太王四神記」。
ヨン様のプロ根性を見た気がしました。
頑張れ、ペ・ヨンジュン!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66894352

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。