春のワルツ・ヒロイン降板

ふとネットの検索をしていたら「ユン・ソクホ監督の"季節連作"の完結編『春のワルツ』のヒロインをソン・ユリが降板。新人女優ハン・ヒョジュに変更」の文字があるビックリ!記事を読んでみると・・・
このドラマの制作会社であるユンズ・カラーの関係者は「ソン・ユリ側と意見の食い違いがあり、オーディションで選ばれたハン・ヒョジュをヒロインに抜擢した」と伝えた。
この関係者は「世間の噂のように相手役の男性俳優が新人であるという点だけでなく、この役がソン・ユリにとって負担が大きいという点や、出演料、その他諸々の条件や問題が複合的に絡まっている」とし、「このためソン・ユリ側が、出演を辞退する意を伝えてきた」と伝えたと書いてありました。

え〜!?見終わった今頃知るなんて・・・私ってかなりズレてるのかなぁ?と落ち込んでしまいました。

続きを読んでみると・・・
また、「ミュージカル『冬のソナタ』のため日本・札幌に行っているユン・ソクホ監督の帰国のため、その時に最終決定をする予定だった」とし、「しかしオーストラリアロケのため出国しなければならなくなり、これ以上決定を遅らせることができず、23日配役交代を最終決定した」と説明した。
一方、ソン・ユリの所属事務所サイダースHQの関係者は「ドラマの完成度のため男性主人公の交代を要求し、代案としてほかの男性俳優を推薦したのは事実。予定されていた『春のワルツ』の制作発表会を遅らせて欲しいと提案した」とし、「しかし主な問題は出演料に関すること」と強調したとの事。

結局このドラマはソ・ドヨン、ハン・ヒョジュという2人の新人俳優が率いていくことになったみたいですね〜。

ハン・ヒョジュはこのドラマの他の役でオーディションを受けていたみたいですが、ドラマ制作会社のユンズ・カラーは、彼女が主人公のイメージにピッタリだとして白羽の矢を立てたとか?

韓国ドラマのキャスティングの降板劇は、よくある話のようですが、イマイチ理解が出来ない私です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

( 春のワルツ )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: 春のワルツに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-11-24 12:40


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。