魔王・キャラクター2

今回もキャラクターのご紹介です。

チャ・グァンドゥ役は、キム・ギュチョル。
元刑事で現在スンハの弁護士事務室事務長。
12年前のオスが関係する死傷事件の捜査担当者。
主に管轄警察署を回って刑事事件の情報を得てスンハの弁護担当を探して来る役目をする。
性格的には正直で口が堅いだが、かっとすると言葉よりは手が先に出るタイプ。

クォン・ヒョンテ役は、イ・ドリョン。
カン・ドンヒョンがオーナーのホテルの顧問弁護士。
検事出身の弁護士でソ・ドンソプ事件当時の検事。
カン・ドンヒョンとは検事時代から親しみがあったし弁護士開業といっしょに彼の顧問弁護士になった。
残念ながらヒョンテ弁護士を演じたイ・ドリョン氏は2007年8月に病気のために逝去された。

チョ・ドンソプ役は、ユ・ヨンス。
日雇い勤労者。
3年間一緒に暮らした女は2ヶ月の前に家出をした。
貧しい家の長男で20歳の時やソウルに来て肉体労働を始めた。
若い頃、賃金の問題で工事現場長に暴行を働いたが示談できず前科者になった。
ドラマでは、クォン弁護士の殺害容疑者として浮上する。

カン・ドンヒョン役は、チョン・ドンファン。
狡猾な方法で事業拡大をし、現在のホテル事業を成功させてきた。
権力に対する野望が大きかった彼は、国会議員に出馬して国会議員の席に上がって富と権力を長い間享受している。
非常にカリスマ性を持っており彼の意思を受けて多くの人間が動くが、家族だけは別で、自分の性格をそのまま受け継いだ次男であるオスの事件には内心期待が大きかっただけに失望も大きかった。

カン・ヒス役は、チェ・ドクムン。
オスの兄でカン家の長男で、現在父が創立したホテル社長をしている。
徹底的に父親ドヒョンの願いに従った人生を送り現在父親のホテルを受け継いで経営している。
企業家の娘であるナヒと結婚し四歳の息子がいる。
責任感と誠実さだが、冷静沈着な性格で柔和に見えるが内面には非情さがある。

チェ・ナヒ役は、ユン・ヘギョン。
カン・ヒスの妻。 専業主婦。
知的な外貌に正しくて粹な身なり礼儀正しい物腰を備え家庭の仕事をそつなくこなし料理もやりこなす良妻賢母だが、内面的には情熱的で多情な女性である。
裕福な家で何不足ない豊かに育ち保守的な親によって自分の意思どおり暮して来ることができなかったことを後悔し、ソクジンとの不倫へ・・・

ナ・ソクジン役は、キム・ヨンジェ。
オスの高等学校時代からの同級生であり友達。
オスと行動を共にしていた高校4人組の中で唯一に大学に進学し経営学を学び、現在ヒスが社長と務めるグランド・ホテル秘書室長。
理性的で判断力が早い生まれつきの参謀型である。
カン家に対する感謝の念を持っているが同時に劣等感を同時に持つようになる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。