楽しかったマイガール

ホントに楽しかった「マイガール」。
イ・ダヘが演じたユリンのキャラクターがめちゃ良かったです。
ゴンチャンとユリンの掛け合いも実に楽しかったし、イ・ドンウクの穏やかで品の良さを持ち、大人の魅力とお茶目さがあった御曹司キャラも最高でした。

特におかしかったのは、妄想シーンや想像シーン。
ツアー客がユリンとゴンチャンの関係を想像するシーンで、家出した妹を連れ戻しに来た気弱な兄・妹に金をせびるやくざ風の兄など笑えました。

他にドラマの中で「前に住んでいたサムスンさんが・・・」とか、「クムスンの美容院で」とかいう言葉が出てくるからかなりおかしかったです。
韓国ドラマには、多いシーンですよね。

それにしてもソ・ジョンウ役のイ・ジュンギはきれいな男の子ですね。
日本にもファンが多いと聞き、納得してしまいました。
やはり芸能人はきれいじゃないとダメですね〜。

マイガールは、「嘘」が最初からテーマとしてよく出てきますが、「嘘で始まり、嘘で惹かれ合い、嘘で傷つき、そして嘘で本物の信頼を取り戻す」なかなか深いテーマだと思いました。
「嘘は反対に本当の気持ち」なのがわかった気がします。
この記事へのコメント
ヨ・ジング(여진구)演じるハン・ジョンウ(한정우)が15歳の時にキム・ソヒョン( 김소현)演じるイ•スヨン(이수연)と出会い、互いに恋に落ちます。「来る、来ない。来る、来ない。」 互いを待ちわびる初恋の甘い記憶です。けれど、イ・スヨンは殺人者の娘。それでもチョンウは友だちになろうと呼びかけます。
Posted by 韓国ドラマ マイガール at 2013年12月03日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。