ウェディング・キャラクター

宮崎ロケをして、話題となったドラマ「ウェディング」。
韓国ではそこまで視聴率は伸びなかったとか・・・
高品格ドラマ「ウェディング」を通じて、以前とは違う最近の結婚の意味と価値が果たして何なのかを描いた作品です。
今回はキャラクターのご紹介です。

ハン・スンウ(リュ・シウォン)
小説家を夢見たほどに感性的だが、長男である責任感で夢をあきらめて次になりたかった外交官を職業に選ぶ。

イ・セナ(チャン・ナラ)
裕福な両親のおかげで豊かな環境の中で音大ピアノ科を卒業して、ハウスマネージャーとして仕事をする主人公。

ソ・ジンヒ(イ・ヒョヌ)
スンウの外交部の先輩で愛よりは自身の仕事と野望をもっと重要に考えて、自身の未来の為スンウのユンスに対する感情を知りながらも知らないふりをして彼女を横取りする。

シン・ユンス(ミョン・セビン)
不遇な環境で育ったが多情多感な性分でどんな人でも魅了させるフローリスト。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。