ありがとうございます・最終回ネタバレ

「ありがとう」と言う気持ちの大切さを教えてくれたドラマ「ありがとうございます」。最終回のネタバレです。

チョコパイを配るヨンシン祖父。
あの世へ旅立つ前に、自分の関係した人々への感謝の気持ちをチョコパイ配りで表現します。
ヨンシン祖父が逝ってしまった後、ヨンシンは食欲を無くします。
ヨンシンのことが心配で自分も食事が進まないギソは、ヨンシンのために食べものを買ってきます。
しかしヨンシンは「罪悪感や同情心」のために、ギソが優しいと思ってします。
「犬がごはんを食べないのが気になるくせに、俺が食事してないのは気にならないのか?俺の方を見ろ!」とギソは思いをぶつけますが、ヨンシンにはその気持ちは届きません。
一方、自分がエイズであると心に傷を負ったボムは学校に行きたくありませんでした。「エイズはたいした問題ではない」と心に言い聞かせ、学校に向かいます。
ボムは窓から教室の様子を見ると、いつもと変わりなく時間が流れています。
自分の席は空いているのに何も変わっていない・・・自分の居場所をボムは見つけることができませんでした。
学校に行けないボムを見て、ついにヨンシンはギソに黙って島を出ることを決意します。ヨンシンを追いかけて、つかまえたギソは「自分の想いに気づいて欲しい。俺は何度もお前のために、ここへ戻ってきた」とはっきりヨンシンに思いをぶつけます。
しかしヨンシンの口から出てきた言葉は「ボムを学校に行かせたいから島を出る」という言葉でした。
去っていこうと車に乗り込むヨンシンを黙って見つめるギソ。
ヨンシンが島を出て行くのを見かけて、止める島の人達・・・
島の人達の理解の元、ヨンシンはボミとともに、島に残ることになります。
そして、ヨンシンは、その目の端にソクヒョンの姿を捕らえます。
ソクヒョンの母は、ボムにソクヒョンが父であると教えます。
この事実を教えられて、ショックを受けたボムのところにソクヒョンがきて、この事実を否定します。
父と告白したかったソクヒョンはボムに、あえて「おじさんなんだよ」と伝えます。
娘ボムのために何もできなかった父ソクヒョンは、母と娘のために自分が父であると名乗りでないほうが良いと判断したのです。
最後にソクヒョンはヨンシンへ「お前よりもずっと深く、俺はお前を愛していた!」 と伝えます。
ヨンシンは「自分は、負い目を感じなくていいんだよね?ちょっと違うだけなんだよね。そう教えてくれたよね」とギソに問いかけます。
そして時間は流れ・・・幸せな表情のヨンシンとボム。
最後の画面は、ぴったりとはまった家族3人の風景・・・

心が洗われたドラマでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63972872

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。