雪の女王・撮影ミニミニ秘話

今回は韓流ドラマ「雪の女王」の撮影秘話をご紹介します。

「雪の女王」で、ユ・イニョンはボーイッシュな魅力の女性ボクサーイ・スンリを演じましまた。
しかしユ・イニョンは実際のボクシングシーンはなかったので、「雪の女王」出演が決まるとすぐにボクシングジムに通い始めました。
連日の練習に足の爪が抜ける怪我を負いながらも、スンリ役を演じるためにジム通いを続けたといいます。
こんなユ・イニョンとソン・ユリが一戦交えました。
2人は一度もNGも出さずリアルな演技を見せたといいます。
撮影当時2人は本当のけんかを彷彿させるほどの動きと強烈な視線で、製作陣の圧倒させたといいます。

「雪の女王」に出演しているヒョンビンの撮影場に、韓国人ファンと日本人ファンの計500人余がエキストラ で参加しているそうです。
ファンらは、竜仁(ヨンイン)江南(カンナム)大体育館で行われたヒョンビンの新人王戦場面の撮影で、競技場を訪れた観客として登場し、8時間という長時間にもかかわらずスタッフの要請に協力しながら撮影を終えました。
この日は気温が大きく下がり、体育館の中でも底冷えするほどでした。
ヒョンビンはその間、徹底した食事管理と運動で鍛えた体を公開し、実際のボクシング選手に劣らない実力でファンの視線を集めました。
一方、ヒョンビンの撮影現場に参加した500人余の韓日ファンは、恵まれない人たちを助けるために寄付金を集めました。
この日の募金はファンが自発的に行ったもので、ヒョンビンとドラマ「雪の女王」の名前で寄付金がされたそうです。

ヒョンビンが「雪の女王」に出演を決めた理由
・脚本読んだとき絶対にやれないと思ったけど、今なら若いから一度くらい非難を浴びていいかなと考え3日後に出演を決めそうです。
・ボクシングのシーンを撮るため約2ヶ月間、1日6時間トレーニングをし、7〜8キロの減量をしました。
撮影中も、鳥のささ身を食べたり・運動したりで大変でした。
・数学の天才の役なので、役作りに天才をモチーフした映画を観て研究したそうです。
・二役を演じるような感じだったので、最初テウンは印象にのこるような髪型にしたようです。

ドラマのためとはいえ、俳優のみなさんも苦労なさって役作りをしているのだなぁ・・・と感心してしまいました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61398318

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。