ガラスの華・幻の日本人出演

「ガラスの華」、ストーリーについて疑惑の声があがっているようです。
韓国でのは放送前から「日本の神戸ロケ」や「日本人俳優起用」など何かと話題になっていました。
しかし蓋を開けてみたら、韓流ブームに便乗した日本輸出用ドラマだったようです。

当時日テレの公式サイトで3主人公と並んで紹介されていた金子昇さん。
実際の出番はほんの一瞬で終わったことには、どうやらいろいろ裏がありそうです。

韓国の記事では、金子昇が韓日同時放送ドラマ『ガラスの華』出演へ。
イ・ドンゴンとキム・ハヌルをめぐって争う役。
イ・ドンゴン君のバンド仲間の金子さんは、キム・ハヌルに一目惚れして絡んでくるという、とかなり結構重要な役どころになるような紹介のされをしました。
しかし実際のところ、初期の放送では韓国の女優ユミン(笛木優子)がお忍びで日本へ旅行に行き、財閥二世と密会するという情報からキム・ハヌルがパパラッチとして追跡。
ユミンのお相手がイ・ドンゴン君でした。
ユミンとイ・ドンゴン君のデートを公認撮影して、その間にイ・ドンゴン君がキム・ハヌルに好感持つようになって韓国でまた会おうって方向性で日本編は終了しました。

日本が舞台だったのはたったの2話分では、金子君が絡むどころか登場できるような展開でありませんでした。
この韓国人女優役に日本人のユミンを採用したというのも疑問が残ります。

「ユミン、ガラスの華出演めぐり不満表明」と記事が出ました。
内容は「本来の役所と話が違う!もともと在日僑胞の役と聞いていたのに、韓国人女優に代わってしまい流暢な韓国語のセリフを求められたし、もっと出番があると聞いていた」と話しています。

これに対して製作側は、ユミンの出番はもともとあれだけと主張した記事がのったとか?
金子さんの件といい、ユミンの件といい初期の企画とかなり変更があった事がわかります。

そういえば韓国通の黒田福美さんも出演していました。
イ・ドンゴン君の育ての母、キム・ハヌルを捨てた父の再婚相手役で一話分だけですが、
それなりの見せ場で登場してましたが、かなり中途半端な登場でした。
憶測ですが、イ・ドンゴン君とキム・ハヌルの今後の展開を無視してギテを主人公に据えた時点で出演機会を失ったものと思われます。
日本編がしっかりあったとしたら、前半からもっと登場していた可能性もあったはずです。

初期段階で「ガラスの華」も中盤7話くらいまでは、日本を舞台にストーリーが展開
する予定だったのでは?
そこではイ・ドンゴン・キム・ハヌル・ユミン・金子昇の四角関係が描かれる予定だったが、三銃士の誓いを立てた本来の三角関係のギテが絡みにくくなってくるので、
結局イ・ゴンゴン・キムハヌル・テヒ・ギテの四角関係に集中させるために、日本編をばっさりカットしたのか?

最初から日本への売り込むためだけの釣り(ガセネタ)だったのでは?とも思われます。

せっかく神戸を舞台にしたのだから、日本人俳優さんを起用して欲しかったです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。