相次ぐ韓流スターの自殺

韓流スターの自殺が続いています。
原因はなんでしょうか?

女優チョン・ダビン(本名チョン・ヘソン)は、ソウル市内に住む交際中の男性イさんの家で死んでいるのがイさんによって発見され警察に届けられました。

この事件を調査中のソウル江南警察は他殺の痕跡がないことから自殺と推定、チョン・ダビンが自ら首を吊って自殺したと見ています。
警察では現在チョン・ダビンの男友達と家族を相手に自殺理由を調査中。
遺書は残されていないということだがチョン・ダビンは普段から鬱病に苦しんできたと伝えられました。
チョン・ダビンの男友達は警察の調査でチョン・ダビンが前日夜からこの日夜明け3時頃までソウル市内の居酒屋で友達とお酒を飲んだと述べています。
イさんによると、チョン・ダビンさんは最近仕事の機会がめっきり減ったことを悩んでいたといいます。
「5カ月前くらいにチョン・ダビンさんが手首を切り自殺しようとしたことがある」と供述した、と伝えた。警察はチョンさんの左手首から鋭い凶器で数回切ったようなこん跡が発見されることによって、その傷を5カ前にはかった自殺のこん跡と見ている。警察関係者は「足首に少しずつ傷があるものの深く切られてはいないようだ。思い切り切ったものではなく、自殺をためらいながら切ったことからできたこん跡と見られる」と伝えた。

歌手ユニも自殺しました。
母親のイさんとユニのマネージャーの会見では「幼いころに芸能界にデビューし、いろいろ悩んだはず。その上、けなげな子供が弱さを隠し、強く見せようとしていたので、大変だったろう。心の痛みを胸の内だけに収めなければならなかった苦痛は大きかったと思う。それでうつ的な症状が少し出たが、おそらくそれが自殺の動機だったと考える」と話しています。
ユニと中が良かったリュ・シウォンは「最後に君がこの世を去るときに一緒にいられなくてごめんね…」「ユニさんの死が信じられない」と悲痛な胸の内をHPで語っています。

なぜ韓流スターの自殺が続くのでしょうか?
警察は仕事の問題で精神的にかなりストレスがたまり、自殺に至ったものと話しています。

また、多くの有名人がネット上での悪質な書き込みの被害者となっている韓国では、ネット上での言葉の暴力が社会問題となっています。
専門家によれば、多くのインターネットユーザが、その匿名性を利用し、サイト上に悪質なコメントを書き込み、有名人のセックススキャンダルや美容整形疑惑などを攻撃しているといいます。

相次ぐタレントの死に、今や芸能プロダクションも、対策に四苦八苦しているようですタレントは常に、いつ人気が落ちるかわからないという不安感に捕らわれている。感受性の豊かな10代後半〜20代前半の女性タレントの場合、鬱病に陷る危険は高いとの事。
友人とおしゃべりしたり、楽しみの多い年齢であるにも関わらず、スケジュールに合わせて慌しく生活すること自体が彼女たちにとって大きなストレスとなっています。
デビューしたばかりの新人も、ある程度人気があるスターも、常に鬱病の危険にさらされているようです。
有名タレントの自殺は、彼らを見つめる大衆に、悪影響を及ぼすこともあり、これを憂慮する声も出ていています。
ネティズン(ネットユーザー)たちのバッシングに対する警戒心が強まっている昨今、スターたちの成熟した態度も同時に要求されています。
インターネット上での匿名による悪質なコメントの書き込みなどを防ぐため、韓国では、実名を強制する新システムが導入されました。

日本でも芸能人の誹謗・中傷の書き込みがあるようですが、鬱病になるまでのストレスになっていないような気がします。
これ以上自殺がないことを祈りたい気持ちです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。