韓国ドラマ事情

日本のドラマと韓流ドラマは、かなり違う点がありますよね。
そんな韓流ドラマ事情をご紹介します。

・週2本放送
韓国ドラマの放送は週2回が基本です。
「月火ドラマ」、「水木ドラマ」、土曜日と日曜日に放送される「週末ドラマ」の三種類があります。
日本でブームの韓流ドラマのほとんどが、ミニシリーズといわれる12回〜20回ものです。
その他にも「チャングムの誓い」「メリーゴーランド」「初恋」など、金曜日に1時間のみ放送される「連続ドラマ」の枠があります。
この連続ドラマは最低でも半年、長ければ何年にもわたって放送されます。
日本のドラマはCMが入りますが、韓国ドラマはCMが入りません。
CMは番組の初めと最後のみに入ります。

・殺人的な撮影スケジュール
日本では1年前から人気俳優のスケジュールを抑えてから企画に入るケースがほとんどですが、韓国は逆ケースが多いようです。
企画から放送までの期間が極端に短く、放送開始の3・4ヶ月前にキャスティングに入ります。
撮影開始は1・2ヶ月前になってからで、放送日に間に合うように毎日撮影が行われるようです。
例えば「冬のソナタ」の場合、放送中の2ヵ月半前から毎日撮影が行われ、出演者たちは一日も休まず撮影に参加しました。
最終回は放送当日の朝まで撮影していたそうです。

・視聴者の声を反映
韓国ドラマでは「誰と誰を結ばせろ!」「○○を死なせるな!」などのメールが殺到すると局側がすぐさま反応してしまうようです。
「冬ソナ」のチュンサンや「真実」のヒョヌは死ぬ予定でしたが、視聴者の声を反映して一応ハッピーエンドで終わらせています。

・高い視聴率
「初恋」65.8%・「ホ・ジュン」64.4%・「宮廷女官チャングムの誓い」60.8%・「真実」54.6%・「パリの恋人」51.6%・「イヴのすべて」45.2%・「ガラスの靴」45%・「天国の階段」44.1%、「秋の童話」42%など最高視聴率が日本ではありえない数字になるそうです。
日本人以上に韓国人は、ドラマ好きが多いのかもしれませんが、韓国には地上波局がKBS・SBS・MBCの3局だけなのも高視聴率の理由なのかもしれません。

・年齢制限
放送内容によって、12歳以上、15歳以上、19歳以上視聴可というような等級が決められています。
夜のドラマはだいたい15歳以上視聴可が多いようです。
過度な暴力や残酷シーン、凶器などにはモザイクがかかります。
ベッドシーンもシャツの第一ボタンを外す程度でとどめ、それ以上の表現は避けています。
露出の場合も肩までの露出が限界のようです。
2002年末からは、ドラマの中で喫煙シーンはいっさい放送しないと決定されました。

韓流スターのみなさんは、かなりハードなスケジュールなんでしょうね。
韓国と日本のドラマ、全ての事にかなりのギャップを感じます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。