韓国の視聴率

「秋の童話」はユン・ソクホ監督の四季シリーズの一作目として韓国で平均視聴率30パーセント、最高視聴率42%を超える大ヒットとなりました。
二作目の「冬のソナタ」平均視聴率26.1%、最高視聴率28.1%。
三作目の「夏の香り」平均視聴率10.6%、最高視聴率11.6%。
四作目の「春のワルツ」8%、10.9%。
それでも、第一話、第二話までは同時刻に放送されていた他局の「おばさん」に負けていたが、第三話から成長したジュンソ(ソン・スンホン)ウンソ(ソン・ヘギョ)が登場するあたりから巻き返しています。
ソン・ヘギョのイメージも人気が出た理由のひとつかもしれません。
気が強い感じではなく、ぽっちゃりとしてトロそうに見える感じが男性に受けた一つでは・・・
ドラマでよく着ていた、ニットとチェックのロングスカートスタイルも当時韓国で大流行しました。

そんな「四季シリーズ」も日本では少し違うようです。
放送した順番も違うことも関係していると思います。
日本ではなんと言っても「冬のソナタ」。
NHKで11時台の放送の中、関東20.6%、関西23.8%と大健闘。
日本中に「冬ソナ」ブームを巻き起こし、続くようにWOWWOW、民放
各局にて「夏の香り」「秋の童話」と放送され、最後にNHKで「春のワルツ」
が放送されました。

日本と比べると韓国のドラマは視聴率の高さに驚きます。
1992年1月〜2004年8月までの約12年間に放映されたドラマのランキングでは1位から8位までが60%台、24位までは50%台なんと日本ではあり得ない数字、10人中6〜7人が同じドラマを見ていたって事になりますよね。
これが本当なら凄過ぎです。
ドラマ以外はあまり面白くない番組が多いのか、韓国の人はドラマ好きって事になるのか???
日本に比べるとTV局の数が少ないからかもしれません。

しかし、残念ながら韓国の人気ランキング内に「四季シリーズ」が一本も入っていなかったのにはビックリしました。
確か、50位の中に見たような気がしましたが・・・
知っているのは、視聴率57.6%の「パリの恋人」(パク・シニャン・キム・ジョウン)ただ1本だったかな?
韓国ドラマの入門中の私は、まだまだだなぁと感じました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61117984

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。