オールイン〜運命の愛〜実在するギャンブラー

オールイン〜運命の愛〜のドラマに、実存するギャンブラーがいらっしゃるのは、みなさんもご存知のお話ですよね。
ドラマでは小説の中のエピソードに、スヨンとのラヴストーリーなどのフィクションを加えています。
そんなモデルになったチャ・ミンス氏について調べてみました。

チャ・ミンス、1951年1月15日生まれ。
朝鮮戦争のさなか永登浦で映画館を営む母に女手ひとつで育てられました。
囲碁を8歳の時に習い始めます。
その後いくつかのアマチュアの囲碁大会に優勝するなどして注目されました。
大学では経済学を専攻。
1974年、韓国棋院初段を取得、1984年四段に。
1989年の第2回富士通杯で、アメリカ予選でマイケル・レドモンドを破って代表となり初出場しました。
本戦で山城宏、大平修三を破りベスト8に進出して注目を集め、さらに翌年には趙治勲に白番4目半勝ちして囲碁界を驚かせ、この活躍で「車八強」という呼び名を得ることになります。
アメリカでの囲碁普及にも務め、1995年には中国の囲碁棋戦「友情杯戦」(11997年まで3期)に出資して創設しました。

渡米後の1976年にポーカーを学び、1984年にギャンブラーの世界に飛び込んで華やかな経歴を残します。
ポーカーのプレイヤーとしても成功し、1986年以降には年に100万ドルを稼いでいるという話です。

現在はアメリカ合衆国に永住権を得て在住し、ジミー・チャと名乗っています。
ポーカーと囲碁と以外にスポーツ・芸術・宗教・慈善事業にも活躍する彼は、韓国名のチャ・ミンスより米国名の「ジミー・チャ」としての方が名が通っているようです。

ギャンブラーとしてのチェ・ミンスは、ほとんど変化のない勝率で収入を保ってきました。
カジノで一晩37万ドル(約4000万円)を儲けたとか?
これまでにポーカーで2000万ドル近くを稼ぎ出しているという逸話もあるそうです。

最近は韓国内での活動が中心になっています。
それは99年以降、病に苦しむ母の世話をするためらしいとの事。

世界的なギャンブラーは、親孝行な人なんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61011112

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。