オールイン〜運命の愛〜ロケ地

今回は、オールイン〜運命の愛〜のロケ地のご紹介です。
韓国の有名なホテルでのロケ撮影が中心のようです。

スヨン(ソン・へギョ)が、イナ(イ・ビョンホン)と初めて出会って会話を交わしたロビーラウンジ。チョンウォン(チ・ソン)とスヨンが互いを見つけられずに行き交ったロビーラウンジの階段・スヨンがイナにオルゴールのプレゼントをあげた風車前のベンチなどがあるのは、2000億をかけ最高レベルのホテルとして建設された、ロッテホテルです。
ロマンティックな景観と雰囲気が有名です。
ホテル前の「愛の湖」を通り過ぎた海岸の絶壁に、大きい風車があります。
伝統的なオランダ様式で作られたこの風車は、「オールイン〜運命の愛〜」の他、いろいろなドラマのロケ撮影に登場します。

スヨンが企画した火山ショーはロッテホテルで行われています。
火山ショーは20分ほどで、レーザー光線も駆使した見ごたえあるものです。
夜、軽い食事が出来るオープンレストランになり、食事をしながら火山ショーが堪能できます。

ドラマの中で「シー・ワールド・ホテル」として登場するのが、済州ハイアットホテルです。
チェ・ドファン(イ・ドックァ)とその息子 チェ・ジョンウォン(チ・ソン)がこのホテルを基盤にカジノ事業を成功させます。
ホテル11階のプレジデンシャル・スイートは、ジョンウォンが成功を模索して企画を行う場所のロケ撮影に使われました。

ドラマではホテルの付属施設であるハネムーン・ハウスという韓定食レストランが登場するのは、韓国の初代大統領・李承晩の別荘地に建てられたパラダイスホテルです。
スヨンとチニが出会うシーンとしても登場しています。
パラダイスホテルは、韓国初の地中海別荘式のホテルです。
美しい風景を満喫できる海辺に位置し、レストランはロマンティックな雰囲気のインテリアで統一されています。

新羅ホテル
イナがジミー・キムとして買収したホテル(ハルラホテル)は、新羅ホテルで撮影されました。
右のプールサイドは、イナが英語でプレゼンテーションを行った場所です。

済州国際コンベンションセンターでは、アメリカでの生活に疲れ戻ったイナが本格的にホテル経営とカジノ事業に取り組む際のオフィスが作られた場所です。
現在も執務机がそのまま残されています。
オーシャンビューというカフェの中置かれており、イナの椅子には座ることも出来ます。
この2階のレストランの大きなガラス窓から向こう側に、ジョンウォンのホテルとして登場するハイアット・ホテル(シー・ワールド・ホテル)が見えます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61010994

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。