夏の香り・あらすじ(後編)

今回は、前回の前編の続きのストーリーです。

山で出会った彼を思い出すと心臓が苦しくなるへウォン。
ミヌも会った日からお互いが山での出来事を思うと胸が締め付けられるような感じがしていた。

そんなある日、ヘウォンは心臓をくれたドナーを訪ねていた。
茶畑を歩いて行くと、突然心臓が騒ぎ始める。走ったわけでもないのに「何故・・・・?」あたりを見渡すと1人の青年がヘウォンを見ていた。
山で会った彼(ミヌ)だった・・・・・

チョンジェの手がける巨大プロジェクト「カラーリゾート」にヘウォンもフローリストとして準備に参加する、ミヌもアート・ディレクターとして参加することになる。

お互いに強く惹かれつつ、周囲に気持ちを気づかれないようにふるまう。
次第にチョンジェ、チョンアも2人の気持ちに気づき始める。
2人の距離はどんどん近づいていく。
亡くなった恋人ウネを思ってきたミヌだったが「二度目の恋」としてへウォンに思いを伝える。

ヘウォンとのことを伝えにウネのお墓に報告に行ったミヌ。
その時、ウネがドナーになっていたことを母親から聞かされる、そしてウネの墓の前に立つ心臓のリシェントを見てミヌは驚く。
そこに立っていたのはヘウォンだったからだ。

ヘウォンもチョンアからドナーが男性ではなく女性だったことを聞かされる。
そしてそれが、ミヌの恋人ウネのものだったことも・・・

今までのミヌと出会ってから何故こんなにも心臓が鼓動するのか?に気づく。
ミヌが自分を通してウネを見ていたのだ・・・・と深く傷つき別れを決心する。
チョンジェの元にもどり結婚することを決めるヘウォン。
式の当日、最後の一目ヘウォンに別れを告げに訪れそっと去ろうとするミヌ。
その時、へウォンの心臓が鼓動する。去るミヌを追うヘウォンは倒れてしまう。

再手術を拒否するヘウォンをチョンジェに頼まれて説得するミヌ、手術を受ける代わりに自分の元を去って欲しいと頼むヘウォン。
ミヌは1人イタリアへ・・・再手術をしたヘウォンは・・・
2人の運命は・・・

せつないストーリーですが、見ごたえは充分です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。