パリの恋人・韓流ドラマの疑問

韓流ドラマ、おもしろいですね〜。

何作品を観て思った事が・・・
「このシーン、他のドラマでもなかった?」と思うシーンがいくつか出てきます。

パリの恋人は、そんな要素が盛りだくさんの気がします。

1 告白はピアノの弾き語り
男性主人公は、なぜかピアノを弾き語りで女性に気持ちを伝えます。
パリの恋人でも、キジュがしっかりテヨンに公の場で歌を歌っていました。
私ならドン引きの告白の方法ですが・・・
ロマンチックと思わなければならないのでしょうか?

2 シャワーシーンで苦悩
男性主人公は悩んでいると、シャワーを浴びながらかなり苦悩表情をしています。
キレたりしたら、拳握って鏡を割るシーンも・・・
スヒョクがしっかり鏡を割って怪我をしていました。
熱いなぁ・・・と感心してしまいます。

3 社長、理事、室長はみんな20〜30代
韓流ドラマは、20代〜30代で富、名誉をすべて手に入れている事が多いです。
日本の社長・重役クラスは、50代が多い気がするのですが・・・
やはりドラマは夢をあたえるのかな。
キジュもまさにこのパターン。

4 けがや病気は心を近づける?
病気・けがになる事によって、相手の事が気になり始めたり、
押さえていた気持ちがムクムクとまた復活してしまったり・・・
また、一晩看病した次の朝、けが・病気をしていた相手は必ず看病してくれた相手の寝顔を見て感動するのもお決まりのコースなのでは?

6 不治の病
悲しいくらい、ヒロインが不治の病にかかってしまう事が多いです。
もっと明るい結末にすれば良いのに・・・と思ってしまうのはダメなのかな?

4・5に関しては、パリの恋人では当てはまる要素はないのですが、違う面でドロドロしたものがあるので充分韓流ドラマを楽しめると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59793292

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。