パリの恋人・キャスト

高視聴率だった「パリの恋人」。
魅力的なキャストをご紹介します。

カン・テヨン役は、キム・ジョンウン。
1976年3月4日生まれ。
MBC25期公採出身俳優で、デビュー後は特別な人気と認知度を得ることはできませんでした。
注目され始めたきっかけは、1998年チャ・テヒョンと共演したドラマひまわり。
コミックな精神病患者役で、坊主頭にする闘魂まで発揮しました。
今でも「キム・ジョンウン印演技」と呼ばれる特別なコミック演技を見せてくれた。

大衆的だが飾らず可愛いイメージ、オーバーに見えても可愛いおどけ者の演技・キャラクターに同化されるよりキャラクターを自分のスタイルに吸収する安定感を見せてくれる女優さんです。

最近では、タレントのイ・ソジンと11月結婚説が噂されています。
交際は認めているみたいで、日本にも同伴で旅行にいらしたとか?
事務所は否定しているみたいです。

ハン・キジュ役は、パク・シニャン。
1968年11月1日生まれ。
チンジメン(真面目男)のニックネームがついているようですが、容姿だけ見ただけでもうなずける気がします。

高校時代は建築家になるのが夢だったようですが、観覧した演劇がきっかけで演劇映画科に進学しました。
大学卒業後、本格的な演技の勉強のためにロシアに留学します。
大学時代短編映画作業を一緒にした友達ヤン・ユンホ監督の説得で帰国し、彼の長編映画デビュー作である「ガラス」に出演しました。

演技力に定評のあるパク・シニャンは、出演する作品選びを慎重にするそうです。
自分が演じこなせるのか、ベストを尽くせるのか・・・
雰囲気やトレンドに振り回されずに、信念で出演作品を選ぶのは俳優としては当然な事と思われがちですが、なかなか難しい事だとだと思います。

撮影がある公式日程を除いては表に姿を現さず、生活管理を徹底しているのにはプロ根性を感じてしまいます。

ユン・スヒョン役は、イ・ドンゴン。
1980年7月26日生まれ。
作曲と歌に関心があって、偶然に知っている先輩を通じて今の所属社に所属し、デビューしました。

丸くて大きい目の片隅にある茶目っ気は、時々彼をちょっとふらふらしているタイプに見せてくれて、愛のライバルにはピッタリです。
イ・ドンゴンが演じる役は、ドラマ毎に愛する女性をライバルに奪われてしまうのは可哀想な気分になってしまいます。

「パリの恋人」では、今まで演じてきた「朗朗18歳」の検事・「サンドゥ学校へ行こう」の医者・「お前の勝手にしろ」の記者など、こぎれいな外貌を見せるエリート役が多かったが、スヒョクの金持ちの自由人名息子の「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップをモデルに、ひげを伸ばしてヘアースタイルも変えたイメージには驚かされたファンも多かったかもしれません。

映画「B型の彼女」でも共演した、女優ハン・ジヘと交際の噂もあるみたいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

( パリの恋人 )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: パリの恋人に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-12-12 02:56


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。