もしも、美しき日々が・・・

先日、ふと読んだ古い記事に美しき日々のキャストについて作者が語っているページを見つけました。
イ・ミンチョル役を、もしイ・ビョンホンが断っていたら、チョン・ウンインにオファーを持っていく予定だったと作者が語っていました。

これには、かなりの驚きと違和感を感じました。
私の中では、イ・ミンチョル=イ・ビョンホンなので・・・

作者いわく「イ・ビョンホンのように美形タイプではないけれど、ラインの太いマスクに素晴らしい演技力を持った俳優さんなので、強い印象のミンチョル役をこなしてくれると期待していました」とのことでした。

もし、チョン・ウンインがミンチョルを演じていたらどうなっていたのでしょうか?
かなり違った「美しき日々」になっていたような気がします。

話は代わりますが、スマステに主演なさっていたソンジェ役のリュウ・シウォンさんのオファー話にもビックリしました。
「『冬のソナタ』『天国の階段』『秋の童話』の3つは、僕にオファーがきていました」の発言には本当に驚きました。
「他のドラマの出演が決定した後でお断りした」との事でしたが、3つのドラマを観てしまった私としては、それぞれのドラマの主人公にリュウ・シウォンさんをあてはめてみましたが、ピンとくる役は思い浮かびませんでした。

ドラマって、やはりキャスティングでイメージが決まってしまうんだなぁ・・・とリュウ・シウォンさんのインタビューを聞いてつくづく感じてしまいました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。