チャングムの時代

チャングムの誓いのドラマ舞台は、14世紀の末、朝鮮王朝の祖李成桂から始まり、11代目中宗の時代がチャングムいた時代。

16世紀初め(1500年頃)は日本では戦国時代が始まった頃。

ハングルが確立したのは4第世宗(1418〜1450)の時代です。

チャングムが生きた時代は、男尊女卑が強い封建制時代で女性が王の主治医になるのは珍しかったそうです。

前代未聞の話だったとか。

しかしそこまでのぼりつめた意志の強い女性がチャングムだったようです。

そしてこの時代どこの国でも見られた身分制度は、両班→中人→良民→賤民となっていました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188677469

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。