チャングムの誓いのあらすじ

韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主人公チャングムは、朝鮮王朝時代に生きた歴史上の実在の人物です。

ドラマでは、チャングムの波乱万丈の生涯を描いた物語になっています。

韓国では放送された時は、視聴率は毎回40%で最高視聴率52.9%を記録するなど、大反響を巻き起こしました。

物語の時代は朝鮮王朝時代。

山で暮らす元武官の男と、汚名をきせられ宮廷を追われた女が出会い、恋をして結ばれます。

その2人の間に生まれた愛の結晶、チャングム(イ・ヨンエ)は、その両親を亡くしたのを期に、母の無念と汚名を晴らすため、10歳にして宮廷に入ること。

そこで出会った料理の師匠ハン尚宮のもとでさまざまな修行を受けるチャングム。

身よりのない彼女は、度々有力者の子弟のいじめに遭いながらも、さらに料理の味を極めるために、新しい料理の発見にと、材料や調理法を試行錯誤し続けるという内容でスタートします。

子供も見れるためになるドラマです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。