ひと味違うドラマ・キツネちゃん、何しているの?

韓国ドラマ「キツネちゃん、何しているの?」は、30代女性から圧倒的な支持を受けたラブコメディ。

2005年に高視聴率を記録したドラマ『私の名前はキム・サムスン』の脚本を担当したキム・ドンウの作品で、ストレートな性描写も視聴者の関心を集めました。

このドラマのキャラクターは、今までの韓流ドラマのヒロインとは180度違う役だなぁ・・・と思いました。
33歳独身女性、仕事はアダルト雑誌の編集者。
書いていたアダルト小説のタイトルは、なんと「朱蒙の熱い夜」。

年の差カップルがテーマのこのドラマは、今までの韓流ドラマとひと味違うような気がしました。

今までのドラマの中で見ることガなかった「アダルト雑誌出版社」「産婦人科」「形成外科(男性専科)」などが登場してきます。
「処女」「避妊」「子宮」「童貞」という言葉もバンバン出てきてびっくりしてしまいました。
韓国では、15歳以下視聴禁止になってるようですが大丈夫なのかな?と思ってしまいましたね。

韓国ドラマでは今までタブーだった問題を扱っているという点では、画期的な番組だと思います。
独特キャラの主人公を、10年前はお嬢様女優だったコ・ヒョンジョンがいやらしくなく・面白く演じていたからかなぁ・・・と思いました。

ぜひ1度みていただきたい、お勧めのドラマです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140964287

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。