最終回ネタバレ

さて、最終回になりました〜。
ボリは「結婚しよう」と言うテインを、僧侶になった父のいる山へ連れて行きました。
父親の元に行くと知ったテインの嬉しそう。
そこではボリも素直になり「あの頃が一番楽しかった。テインにも会えたし、テインがいたから頑張れた」と話します。
ヒョヌはボリ妹にテインと一緒に父親の元に行ったと聞かされ愕然。

テインは山から下りると義母を食事に招待します。
そしてボリとの結婚の許してほしいと頼みます。

ヒョヌはボリの家の前で待ち伏せし、学校に連れて行きます。
「テインは君の教え子だよ」「テインと結婚はしません」「じゃぁ、何のために父親の所へ行ったんだ?」「会わせたかった、娘の愛する人に・・・テインをなだめて説得して下さい。結婚を強引に迫られたらその気になってしまいます」とボリとヒョヌは会話をします。

テインは塾の最中泣きそうな顔になるし。
へこみまくりのテイン。
歩いて帰ろうというテインに負ぶってというボリ。
テインは泣きながら「ヒョヌとの結婚の時に傷ついたから、今度は傷つけたくないのに、簡単にいきそうもない」と謝りつづけますが、ボリは結婚よりデートしよう話します。
ヒョヌがアトリエに戻ると、テインが荷物をまとめて出て行くところでした。「
俺の制服はどこ?持っていたいから」そう言うテインに制服を渡すと、ヒョヌはテインを殴ります。
「調子に乗るな!悔しいか?殴りたいか?しばらく俺の前に現れるな!2人にはあきれ返る!」
殴られたままのテインは言う。
「2人は誰からも祝福してもらえない・・・ボリに申し訳ない。俺とつきあったら祝福されないからかわいそうで。おじさんもダメかな?俺を憎んでいい、2度と現れないから。せめてボリだけは祝福してくれない?」
ヒョヌはテイン父に会って、テインの結婚を許してやってくれないかと頼みます。

そのころ学校では採点間違えで内申点が下がったと生徒が屋上で飛び下りようとしています。
ボリは早々屋上に昇り、世間話で気を散らして無事生徒を保護する事に成功。
この事があってか、後にこの学校に再び採用されるボリ。

テインは父に「おじさんから聞いたよ」と結婚の許しを得る。
「父さんのように生きるな。女房を泣かすな。息子を捨てるな。自分の欲だけを追うな」と言われます。
許しを得たテインはボリ宅へ行きますが、「学校へ行って、兵役をすませ、仕事をきっちりやってから」「子供ができたらどうするのよ」というボリの言葉に「子供?子供だってさ〜〜」とテイン。

数年後、ボリが初夜を迎える頃・・・と題して、成長したみんなの姿が流れます。
ジェンマはテインに別れを告げたあとパリ留学でデジャイナーになり、モデルチャンイルがそれを着てファッションショーしてたり、ドンスはマンガ家になり、テインは教育実習生として学校に戻ってきました。
生徒を囲んで自分達のことを熱弁するテインは、なんだかまだまだ高校生みたい。
そんな様子を見て怒るボリのほっぺにキスして逃げます。
ボリに追っかけられるテイン・・・

最近、暗めのドラマばかり見ていたのでハッピーエンドで良かったです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101664092

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。