キャスト

「乾パン先生とこんぺいとう」のみどころの1つが、大がかりなワイヤーアクション。ボリが他校の不良たちを相手に大立ち回りを演じるシーンなど、ドラマの枠を超えたワイヤーアクションに度肝を抜かれます。

今回は、キャストのご紹介です。

ナ・ボリ役は、コン・ヒョジン。
1980年4月4日生まれ。
映画『女子高怪談2』でスクリーンデビュー。
学生時代をオーストラリアで過ごしたコン・ヒョジンは、独特のクールな面を持っています。
演技のスケール面や日常で見受けられるが、それを知っている周辺の人々は一様に「裏表がない率直さと、芸能人らしくない気さくな性格」を彼女の魅力について話しています。
しかし、彼女自身は「依存心が強く寂しがり屋で、いつも誰かが側で自分を見守ってくれなければならない」と自らを説明しています。
以前は「演技を一種のアルバイトだ」と考えていたというコン・ヒョジンが、モデルから俳優へと冒険し、今や忠武路界の女優になっています。

パク・テイン役は、コン・ユ。
1979年7月10日生まれ。
2001年「学校4」で、「爆発頭」の高校生でデビュー。
「コン・ユ」という名前はちょっと珍しい名前ですが、父親の姓と母親の姓から取ったそうです。
184cm・74kgのしっかりした体格・奥ゆかしい目色と個性的な表情、コン・ユの真価を一番先に見つけた人はデザイナーのアンドレーキムでした。
アンドレーキムは自分のファッションショーの舞台に訪ねたコン・ユを見てその場で身体サイズを図るように指示し、トップスターも立ちがたいアンドレーキムファッションショーの舞台に7度もコン・ユを登場させました。
コン・ユの可愛いながらも親しいイメージから、「コン・ユがペットなら、何をさせたいか?」と言う質問に「何もさせないで、私が何でもしてあげる」「ただそばで、ずっと見ていたい」と一般女性約200人は答えたそうです。
じっくりと経験を積み上げて「年輪」を重ねて行き「成熟」ということばが似合う・・・そんな日を夢見るコン・ユは、今日も目を輝やかせながら最善を尽くしています。

チ・ヒョヌ役は、キム・ダヒョン。
1980年1月1日生まれ。(1979年12月30日)
本名は、キム・セヒョン。
1999年グループYADAのメンバーでデビュー。
本当はミュージカル俳優を目指していたキム・ダヒョン。YADA
で活動中も、その夢は忘れられなかったようです。
YADAのデビューは偶然だったと語っています。
YADAはそれなりにCDは売れましたが、音楽的に評価はされなかったとのこと。
(それが、解散の原因のようですが・・・)
ダヒョン氏はオーデションを受け、ミュージカルの主演を手にしました。
チョ・スンウとは高校生からの友達のようです。
チョ・スンウには作品選び等たくさんの助言を受けたそうです。

ノ・ジェンマ役は、チェ・ヨジン。
1983年7月27日生まれ。
2001年スーパーエリートモデルの入賞を通じて芸能界に足を踏み入れたチェ・ヨジンは、在カナダ韓国人出身の俳優です。
高校まで彼女はバレリーナを志望していたが、俳優のオファーがあるとすぐに俳優の道に転向しました。
両親も彼女を信じて、彼女の俳優生活に協力しているといいます。
まだまだ学ぶことは多いと謙遜する気持ちを持っているチェ・ヨジンです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


中国語と韓国語の学習コンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。